トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 東京理科大GETだぜー!そうそう、公立前期で合格した塾生たちもおめでとう!

東京理科大GETだぜー!そうそう、公立前期で合格した塾生たちもおめでとう!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ついにやってくれましたね!

東京理科大学の理学部 応用物理学科の合格GETです!

 

 

とはいえ、本人は国公立が本命ですので、今週土曜の国公立前期日程が本番。

塾だけではなく、自宅でも懸命に追い込みをかけてるので、私も野暮なことはせず、もはや何も言わず黙ってることこそ仕事です(笑)

 

 

先日の千葉県公立高校 前期選抜の合格発表では、絶対に合格しないだろうという模試でD判定やE判定の塾生が逆転合格してしまい、本当に感動させてくれました!

 

 

これはこれで喜ばしいことですが、ほとんどのお子さんがここでゴールと勘違いして、精進をやめてしまい、結局、高みに達することなく妥協した人生を過ごす…という展開を、この業界に入って20年間変わらず見てきました

 

 

人生におけるゴールからすれば、高校受験での合格など単なる通過点であり、その次の美しい景色を観るための準備段階に過ぎないということをこの子にも伝え、今後も精進していくようにしたいものです。

 

 

なので、この子に「おめでとう」という言葉をかけるのは、このときが最初で最後、一言だけでした。

 

 

ここからは、次の世界でさらに花を開かせるための闘いの心構えを説いていければ…と思っています。 この子は高校から先も継続し、AQURASで大学受験に向けて闘うと言っているので、口だけで終わらないように、きっちりマインドセットしていきます。

 

さて、前期で悔しい結果になってしまった塾生も当然いるので、今はこういった塾生たちの後期の志望校選択と面談で、中3生たちが24:00まで塾にいる始末です。

 

 

全員が公立高校に絶対に行きたいと言っているので、何とかしてあげたいけれど、私やスタッフたちがどうにかできるわけではありません。やはり塾生たちが「心」を強くして栄冠を勝ち取るしか、方法はないんですから。

 

 

いざ、最後の勝負へ。

私の座右の銘の1つである “True battle comes after Losing.” がピッタリの局面です。

 

 

真に強き者は、負ける怖さを経験し、負けることがどれだけツラいかを知っています。

前期で流した涙を、今こそ晴らし、今度こそ笑顔で中学校を卒業するための最後の闘いに身を投じてくれ!そして、その高みに自分の力で這い上がってほしい。

 

 

3月開講「高校受験の英文がスラスラ読めちゃう、中学校3年間分の英単語と不規則動詞を、たった1ヶ月で完全制覇しちゃう奇跡の速習講座」 ですが、西船橋工房は申込超過でついにパンク寸前です。お問い合わせをくれたご家庭にはありがたく思う反面、結果的にお断りすることになってしまったご家庭には、本当に申し訳なく思います。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ