トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 「なんで合格るんだよ!?おかしいだろっ?」堂々たるE判定、偏差値8足りない状況を1ヶ月でひっくり返したギリギリヒーローに、塾内騒然!

「なんで合格るんだよ!?おかしいだろっ?」堂々たるE判定、偏差値8足りない状況を1ヶ月でひっくり返したギリギリヒーローに、塾内騒然!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

昨日の千葉大に合格しちゃった高校生と同じくらいの話の規模で、AQURAS全体を揺るがす超特大の「奇跡」が起きちゃいました………。

 

 

1月、最後の進研Vもぎで堂々たる(?)E判定を叩き出し、第一志望まで偏差値8足りない男子が『絶体絶命』の状況にも関わらず、レベルを下げることもなく前期選抜に突っ込み玉砕。

 

 

絶対公立高校じゃなきゃダメだという指令がご家庭から出ていたので、後期は安全圏を勧めても、懲りずに、後期選抜も突っ込むと言って聞かない。

 

 

「オレは絶対合格るから」と、何を根拠もない理想論をぶち負けて、フツーに考えればまたも玉砕だろと思いながらも、最後は彼の天上天下唯我独尊の意思に私も折れて、そのまま突っ込めの流れに…。

 

 

中2で入塾したときには、すでにサッカーのクラブチームで活躍し、まともに塾に来る時間も取れず、勉強にかけられる時間も皆無の中、ここまで何とか成績を維持し続けました。

 

 

クラブチームの仲間がみんな競合私立のスカウトで進学を決めていく中で、彼は公立進学にこだわり、ビッグマウスを叩く割にはなかなか成績が伴わなかった中で、どうしても県立国分高校への進学の夢が譲れなかったらしく、そこだけは私のアドバイスを素直に受け入れ、一心不乱に取り組んでくれました。

 

 

親御さんにも、相当な我慢をお願いすることになりました。

彼にブチギレしたくても何とか抑えてくれたお母さんに、私からも感謝です(笑)

 

 

おかげで、彼の精神状態が乱れることなく、最後の最後で気力と学力を爆発させ、まさかまさかで合格しちゃうという偉業を成し遂げてくれました!!!

 

 

彼の完全にやりきった感の姿を見てると、こっちも感無量です。

 

 

「強い奴が勝つんじゃない!勝った奴が強いんだ!」

確かにその通りです。

 

 

それを自分で言わないで周囲が言えばカッコいいんだけど、自分で言っちゃうからイケメン姿が崩れてしまうことに、なんで気づかないんだか…。

 

 

どんなに厳しい状況でも諦めず、己を突き通した彼の姿勢は、ある意味清々しいですね。

とはいえ、完全にギャンブル受験だった要素もあり、こんな状況になってしまったことに反省の余地は大有りですが…(彼も、私たち塾も…泣)。

 

 

少なくとも、模試の判定が悪かったとはいえ、志望校を諦める理由にはならない。

本当に行きたい高校があるなら、堂々と立ち向かえばいい。(ただし、普段からやるべきことをやってほしいんだが…)

 

 

彼を見てると、危なっかしいと思った反面、不可能を可能に変えていく「スピリット」と「強さ」をひさしぶりに気持ちよく見せてもらった気がします。

 

 

彼が通う中学でサッカー部主将だったウチの塾生も、きっちり上位の船橋東高校に合格を決めてきてくれました。ふたりとも、とってもいい顔してますね。

 

 

緻密な計画や戦略は、勝負に勝つためには不可欠です。

でも、それ以上に、物事を前に押し出す圧倒的なパワーこそが最後にモノを言うことをまざまざと見せつけてくれた彼に、私からも最大限の祝辞を伝えたいと思います。

 

 

「おまえ、やっぱ最高だなーーー!!!」

「さぁ、今からかいざん(西船のラーメン屋)行って、おまえら豪快に食うぞっ!」

 

 

こういった若者たちが、これからの時代を大きく変え、強く生きていくんでしょうね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ