高校入試で利用した検定資格

お久しぶりです!市立千葉出身で学力再生工房AQURAS 西船橋工房 教務スタッフの大塚です。

前回の私の更新では私の母校である市立千葉高校のアピールポイントを書いたのですが、先週末、学力再生工房AQURASで数検の試験が実施されたので、今回は私が高校入試で利用した検定資格について書こうと思います。

千葉県の高校入試では、英検、漢検、数検の検定資格を所有している受験生は、内申点に加算されたり、合否判定で少し有利になったりします。
それぞれの検定で3級以上を合格していると私立高校でよく加点されるのですが、公立高校でも加点対象の場合があるので、志望する高校に合わせて受験するのがいいですね!

私の場合は中学3年生になる前に漢検、英検の3級を取得し、3年生の夏ごろに数検の3級を取得しました。検定資格は、そのもの自体が合否判定に影響するだけでなく、試験勉強も学校で習う内容の予習や復習にもなるので、英検、漢検、数検はすべて受験してよかったなと感じています。

検定試験は年に数回開催されているので、1度では合格できなくてもチャンスがたくさんあるのもいいですよね!
以上、今回のスタッフブログは大塚が担当しました!
次回はどんな内容でしょうか、楽しみですねー

——————–お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。

QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ