トップ > 塾長日記一覧 > 市立千葉高スタッフのブログ > 中学時代の検定試験

中学時代の検定試験

お久しぶりです!学力再生工房AQURAS稲毛駅前工房スタッフの加瀬です。

↑鴨川シーワールドのエトピリカという鳥です。可愛すぎます。

以前大塚さんが高校受験前の検定について話してくださったので、私も検定について話していきたいと思います!

私は中学3年生の部活が終わるまで、あまり受験について深く考えていませんでした、、だから検定に関しても特に考えていなかったです。
中学2年生の時に、塾の先生に「受験に使えるからとっておけ」と言われて英検3級をとった記憶はあります。
でも漢検に関してはここだけの話、当日にすっぽかして塾の先生にとても叱られました(笑)すっぽかしたせいで私は漢検を受けたことがありません。漢検はあまり受験を左右しないかもしれませんが、経験値として受けておけば良かったなと少し後悔しています(笑)
そして当時の私は数検の存在すら知りませんでした。もう散々ですね(笑)
当時は何をモチベーションにして塾で勉強をしていたのだろうと不思議に思います(笑)

今塾に来ている子たちがそういった検定の存在を知っていて、そのために早くから勉強できていることが羨ましいです。

受験する高校によっても違いますが、加点になるところが多いので受験のために検定をとっておくことは重要です。でも何より、直近の目標ができることが勉強のモチベーションアップに繋がりますよね。

以上、今回は加瀬が更新しました!次回の更新もお楽しみに♪

——————–お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。

QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ