トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 被害者の立場に甘んじてる者に、真の自立はない。どうすればいい?

被害者の立場に甘んじてる者に、真の自立はない。どうすればいい?

村上です。
温かくなったと思いきや、いきなり今日は寒くなるなど、さすが春の不安定さって感じでしょうか。

春期講座の申込も着々と頂戴しており、こちらも準備を粛々と進めています。
4月から新学年新学期がウチの塾も始まりますが、週4日以上(実質、週6日利用可)自由に使える学び放題コースに注目をもらい、お問い合わせを多々頂戴している感じです。

そして、そろそろ教室が溢れそうな状況であるため、西船橋工房は募集停止をかける予定です。
稲毛季駅前工房と2ndブランドの「自分史上最高の自分を創る」学習塾PRECIOUSは、引き続き申し込みを受け付けております。

>春期講座・PRECIOUS開塾に関する詳細はこちら

さて、今日は何を書こうかと思いつつ、社会人になっても相変わらず周囲のせいにして生きている元教え子がいたため、その者に対してのメッセージでも(笑)。

何かというと、それは「被害者ヅラっしてんじゃねーよ!」ということ。

誰かを恨まないでもらいたい。社会の責任にしないでもらいたい。
そして、自らの境遇を「運の悪さ」にしないでもらいたい。

生きていれば難しいことが多々あることぐらい、私とて理解しています。
なので、私からも願いを込めて申し上げます。

誰かを恨みたくなることってあるし、
この国の社会だってとんでもない奴らが上に居座ってるし、
運が良けりゃ今よりもっといい会社に入っていたし、
お気に入りの彼女にも出逢ってたし、
宝くじも当たり放題だったかもしれないし…。

確かに、そのようなことを考えるのは勝手だし自由ですが、そんなものは夢物語の域を出ないんですよね。
被害者ヅラというのは、居心地がいいんです。

だから、1度でも被害者ヅラしてしまうと、そこから抜け出すのは大変なんですよ。
誰かに文句を言う、社会にクレームを入れる、神や仏にグチる…何の努力もいらないですからね。

そして、私はかわいそうな人で、恵まれた人は、かわい可そうな私に優しくしてくれないとダメだろ…
なんて言い出して、歳をとって、死ぬ間際になって、

「なんて、つまらない人生だったんだ。やっぱりアイツらが悪い、社会や政治が悪い、運にも見放された、最悪だった…」
とグチって息を引き取ることになることでしょう。

最悪なのは、その考え方と立ち位置です。

被害者ヅラにハマると、抜け出すのが非常に難しくなってしまう。
だからこそ、その思考や感性には、陥らないこと。

もしも、そんな考え方に陥っているとしたら、全力で抜け出すように日々の生き様を変えてほしいものです。

まず、誰もが運がいいことを認めること。
なぜなら、今も生きることができているからです。

とはいえ、昨日、いや、この瞬間に突然の事故死で亡くなる方も病で虫の息の人々も、飢えで何も考えられない窮地にいらっしゃる方も存在しています。そうした、本当の意味で、運の悪い程じゃなくて。。。

まず、自分が運が良いということを認め、自らの手に何があるのか、ひとつひとつ確認することから始めていくことではないかなと。

例えば、五体満足であること。
屋根のある家で、水道も電気もガスも利用できること、仕事があること。

自身にとって当たり前だと感じている現象も、実は手にされていない方にとっては羨望の眼差しを向けられることであるんです。

敢えて、視点を良い方向にズラして考えて行動するだけで、親であるあなたの人生も幸福感に満ち溢れたものへと変わっていくでしょう。
そして、お子さんにそれを伝えていくことも、親としての役割であることをお忘れなく。

さて、すでに春期講座のご案内と、AQURASの2ndブランドとなる「自分史上最高の自分を創る」学習塾PRECIOUSの開塾記念キャンペーンをさせてもらっています。

>春期講座・PRECIOUS開塾に関する詳細はこちら

春期講座の割引特典はもちろん、PRECIOUSに関しては驚異的な入塾特典もつけてありますので、受講を希望されるご家庭は申し込みをお急ぎ下さい。10名限定ですので、定員に達した時点で打ち切ります。

—————

塾長:村上からの子育てコラムやAQURASのお得な情報をいち早く欲しい親御さんは、LINEの友だち登録をお薦めします↑
H.Pでご案内することはない、LINE友だちだけの特典あります☆彡
—————

お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。

QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ