トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > 5科490点超えの塾生がやっているのに、5科350点以下の者ができない事とは?

5科490点超えの塾生がやっているのに、5科350点以下の者ができない事とは?

村上です。ひさしぶりの塾長更新といったところでしょうか。
最近は母校の後輩スタッフたちが頑張って更新してくれていますので、その隙に運営業務に専念しております(笑)。

それはさておき、千葉県統一テストの結果表が一部却ってきています。

来週は英検を控え、来月は学年末テストを迎えるにあたって、色々と塾生たちもやることが山積している中で、冬期講座で頑張って取り組んだ者が着々と実力をつけてきた流れがありますね。

今回、自己採点で5科490点を超えちゃったという「とんでもない」スコアを叩き出した者も出たわけですが、結局のところ、どこまで分量を積み重ねて、日々継続して学業を習慣化してきたかに尽きると思います。

伸び悩んでいる一部の塾生については呼び出し、村上から直々に甘えを追及した上で、檄を飛ばしています。気づかせるのがウチの塾の指導方針とはいえ、やはり気づけない者には鉄槌を下さざるを得ないのもまた現実。檄を飛ばすからには、本人が気づくまで容赦なく詰めていこうかなと。

とりわけ、このような塾生、今回は女子に多いですね。
与えられて当たり前、他人にやってもらって当たり前の思考、塾に通っていれば成績が勝手に上がると「勘違い極まりない」態度など、このまま矯正しなければ明らかに社会に悪影響を及ぼすであろうという者には、私は手加減するつもりもありません。遠慮なく厳正に指導させてもらいます。

ウチの塾の最寄りの中学校の学年1位の塾生、週3日の授業であるにもかかわらず、有料自習席をとっているのもあって週4~6日ほど塾で勉強しています。今回の自己採点5科490点以上という離れ業も、ある意味で当たり前のことを当たり前にやっているからこその「当然の」結果とも言えるでしょう。

5科350点以下の塾生にこの話をすると「その子は天才だから」「自分は部活が忙しくて勉強する時間がない」など自己正当論を延々と並べてくれるので、私はひとつ残らずそのような甘えた連中を論破して終了させるわけで、最後は当事者たちが納得せざるを得ず黙り込んでおしまいです。

当たり前のことなんですが、学年1位をとってくる塾生ですら週4~6日も塾に来て勉強しているわけですから、5科350点以下の塾生が週3日の通常授業だけ来て勉強していれば成績が上がるなど笑止千万

塾の授業だけ受けてれば成績が上がる…など妄想に過ぎません。
あくまでも、塾の授業以外での家庭学習が最も重要であるということを塾生全員に伝えていきたいと思います。

新年度新学年より通常授業コースの他に、週6日間・自分だけの専用学習席を用意した上で、週5~6日プレミアム勉強し放題コースを開設予定です。週4日分の授業料で、最大週6日まで塾の自分専用席で勉強し放題という、やる気を持って上位を狙う子にとっては願ったり叶ったりの受講スタイルが確立できるはずです。中学部・高校部に設けます。

自宅で勉強したりしなかったりの繰り返しで堕落していくよりも、塾で勉強全部片づけてしまい、家に帰ってからは、くつろいで安息の場所として過ごした方が学習習慣という点でも継続性・効率性という点でも優れていますからね。中学生・高校生のコースで

2月に塾生の親御さん対象に保護者会を行い、この新コース設置における説明をする予定ですので、一般の入塾を希望されるご家庭への案内は、2月後半あたりになると思います。授業料も大手の個別指導塾さんに比べてリーズナブルなものにできると思います。詳細は乞うご期待下さい。

——————–お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。

QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ