思春期の「脳育て」に絶対必要なこととは?

西船橋・稲毛の学習塾:学力再生工房AQURASの村上です。

取り上げられたテレビ朝日系ネットチャンネル「Abema Prime」で“価値観が古い!”と出演されたギャルにディスられて、カンニング竹山さんにフォローしてもらったという、日本全国でも相当珍しい希少価値な塾長やっています(爆)。

ウチの塾ではすでに夏期講習期間が終了し、月末まで通常授業となります。

10日弱で1ヶ月分の学習量をこなすため、塾生は楽をすることなく、むしろ目標を立てた分の学習内容完了を求められるため、手を抜いていたりすると悲惨な目に遭いますが、そうなったらそうなったで助けません。痛い目に遭ってもらって自身で気づいた方が100倍効果的ですからね。

さて、ベストセラー『妻のトリセツ』をはじめとする、数々の「トリセツ」シリーズの世に送り出してきた黒川伊保子さんが思春期の子育てについて本質を突いたお話をされていらっしゃいます。

今日は、その内容を文面が長すぎるとはいえ、敢えて全文ご紹介します。私も共感することばかりです。読者の皆さんも大変かと思いますが、ぜひご一読をお勧めしますw↓

尚、村上の所見は文面長すぎるので、割愛します。。。

—————

思春期の子どもが、ず~っと家にいる夏休み。四六時中子どもと顔を突き合わせなければならないので、親にとっては実は頭の痛い季節だ。

特に思春期の子どもがいる家庭は厄介だ。話しかけてもスマホを操作しながら生返事。ちょっと注意すれば逆ギレ(もしくは無視)。

静かだから勉強しているのかと、部屋をのぞけばいつも寝ている……。思わず小言のひとつやふたつも言いたくなるというものだ。

‎「思春期は、子ども脳から、大人脳への移行期です。12歳までは子ども脳、15歳からは大人脳。 13~15歳の間の3年間は、脳の移行期に当たります。 つまり、ハードウェアはバージョンアップしたものの、ソフトウェアがまだ旧バージョン。 当然、誤作動するわけです。 いわば、ポンコツ装置。 一生で一番、不安定で制御不能な状態なんです」‎

そのポンコツ装置で、思春期の子どもたちは受験や初恋、友達とのあれこれなど、多くの山谷を乗り越えていかなければならない。

脳の不整合により、うまく言葉が紡げない。身体も急激に変わっていくので、バランスがとりにくい。競技選手なら、この時期にスランプ陥ったりすることも多い。しかも、この移行期の最後に大人脳が完成してしまうので、親が子どもの言動に、いちいち動揺したり、叱りつけたりしている暇はない。

「もうね、仕方ないんです。子ども自身もどうしていいのかわからないんですから。親は、“あ~盛大に誤作動しちゃってるのね”と、温かな同情を寄せるしかないと、腹を括ってください」

遅刻なんかしなかった子が遅刻する。忘れ物なんてしなかった子が忘れ物をする。優しかった子が、友だちにイラついて「死ねば?」なんて口走る。ニコニコ顔で起きてきた子が、おはようも言わず、仏頂面で起きてくる。前髪を切りすぎただけで、涙があふれてきて、学校に行きたくないと言い出す……。

「これらは、思春期の脳の想定内の誤作動です。もちろん、いじめや非行のサインは見逃してはいけませんが、単に家庭内で、性格が悪くなっただけなら、その原因を探ろうと思っても無意味です。誤作動する装置で生きてるんだから、誤作動している。ただそれだけなんです」

眠らないと、頭はよくならないし、背も伸びない

夜中のゲームはNG。「今日の身長の伸び」をゼロにする

思春期の脳に必要なのは、肉や卵などのタンパク質

参照:NEWSポストセブン

—————

当塾は、学び放題のプレミアムコースでお子さんに学習習慣を身につけさせるため、塾生ひとりひとりにいつでも使える専用席を設けているため、そんなに簡単に空きが出ません。

満席になりましたら、いつも入塾をお断りさせてもらっております
その際は入塾予約を受け付けることになりますので、入塾をご検討のご家庭はお急ぎ下さい。

—————

塾長:村上からの子育てコラムやAQURASのお得な情報をいち早く欲しい親御さんは、LINEの友だち登録をお薦めします↑H.Pでご案内することはない、LINE友だちだけの特典あります☆彡

—————

〇学力再生工房AQURASのホームページは【こちら】
西船橋工房(JR西船橋駅北口より徒歩4分)
稲毛駅前工房(JR稲毛駅東口より徒歩3分)

※入塾のご相談やお問い合わせは、当塾ホームページ下段のお問い合わせフォームより
TEL:047-401-2396(月曜~金曜 18:00~21:00)

AQURAS のTwitterは【こちら】
AQURAS のInstagramは【こちら】



このエントリーをはてなブックマークに追加   コース案内 小学部 中学部 高校部

ページトップ