国語力低下が進む社会構造の中で子どもを成功されたければ「行間力」をつけさせること。

西船橋・稲毛の学習塾:学力再生工房AQURASの村上です。

取り上げられたテレビ朝日系ネットチャンネル「Abema Prime」で“価値観が古い!”と出演されたギャルにディスられて、カンニング竹山さんにフォローしてもらったという、日本全国でも相当珍しい希少価値な塾長やっています(爆)。

世間一般では、ようやく夏休みが終わります。
二期制の学校の中学生は、一斉に定期テストを迎えるわけですが、、、毎年のことですが、中学生の大半が夏休み明けのテストで点が取れません。

当然と言えば当然なんですが、夏に気が抜けてフィーバーしてる者が圧倒的大多数の状況で、夏休みの学校の宿題だけ何とかやってた者が夏明けの定期テストの照準を合わせて日々学習を積み重ねている…というのは、もはや考えにくいんですよね。

ということで、ウチの塾や商圏に限らず、夏明けで暴落する者が圧倒的大多数のため、きちんと継続して夏休み頑張ってきた者にとっては、比較的スコアを上げやすい闘いにはなります。

もちろん、それには学校のテスト問題つくる先生が、たまに自己顕示欲でイカれた問題を出題しなければ…ですが。

たまにいます、オレの作る問題は一味違うとか、生徒にナメられたくないから意図的に難しくするなどという社会経験の少ない世間知らずの若手の先生 or 年輩の昭和感が抜けないこだわりのある先生とか。公立中学の定期テストで学年平均が30点台とか40点台とか。。。

教員の大変さは重々承知していますので、苦言を呈するつもりはありませんが、生徒側から見ればたまったものではないなーと。

塾がどんなに対策しても、どーにもならないケース。
10校に1校の割合で、そんな大ハズレのクジを引かされますね。

何といっても、頑張って学業を積み重ねてきた者たちが報われないのが、社会の不条理というか、理不尽というか。それを子どもの立場に立っていっしょに批判するよりも、そんな理不尽な世の中でもいかに乗り越えていくかを、私は伝えていきたいとは思いますが。

さて、ウチの塾の小学生も英語を受講する者が多いのですが、ウチの塾では英語もやるのであれば、国語を必ず受講するよう親御さんに徹底してもらっています。

世の中のトレンドとしては英語英語…というのは分かりますが、国語はどの教科学習においても基本中の基本であり、正しい日本語が使えなくてオトナになって困ることが多々出てきます。

時代のトレンドを追って、英語だけを叫んでいるのは違いますね。

国語ができてこそ、この先のグローバル社会において真の異文化交流と価値を享受できますから。

集英社オンラインに興味深い記事を見つけました。
私も基本同意見ですので、今日はこの内容をご紹介します↓

—————

教員の8割が感じている「子供の国語力低下」が引き起こす深刻な問題

外国語、プログラミング、SDGs、金融教育、起業家精神…日本では新しい教育が次々と導入されている。。しかし一方で、日本の子供たちの「国語力」の衰退は危機的なレベルにあるという。

『ルポ 誰が国語力を殺すのか』の著者・石井光太氏が子供たちの言葉を奪う社会の病理と国語力再生のために提言する。

「国語力」の低下が引き起こす問題

言葉を上手く使えず、人生につまづく子供たち

国語力の低下が想像力の欠如につながる

「行間なき時代」へ

参照:集英社オンライン

インスタグラムやYou tube、TikTokなど、見た目で分かりやすいモノが流行るのが、世の中のトレンドです。

もしくはTwitterみたいに、短いフレーズで自己表現できる媒体であれば支持されますが、一昔前に流行ったfacebookなどの文章を読み込むことが主の媒体はどんどん若者が離れていく…、、、

ある意味、当然の帰結かもしれませんね。

高齢者から見れば、若者世代になっていけばいくほど、目に見えるモノばかりに執着して、目に見えるモノばかりしか信じなくなっていき、目に見えるモノにしか価値がないと考えるようになる

これだけ世の中に自己中な人が増えて、社会全体が一億総クレーマー社会へとなり下がり、政治家も自身や支援者の利益だけしか向かなくなり、、、

他者を思いやる発想や気遣いなどの人間性の深みがどんどん無くなっていってますし、みんな学力や学歴だけを手にするために過剰な受験戦争に身を投じていくわけですが、その結果、他者の心の痛みまで思考が届かなくなっている…

先ほど挙げた文面にもありましたが、行間を読むチカラというのは今後必須だと考えます。

文面にはない箇所から、いかに全体の流れをつかみ、解を導き出していくか…目に見えるモノしか見てこなかった人材には、一生理解できないでしょう。

私自身の国語という学問に対する考え方は、この行間を読むチカラから生み出される「全体構造の把握力」と「空間認識力」が最重要だと考えています。

松本清張の小説:点と線ではないですが、物事を点でしか捉えられない人材が、高い生産性を叩き出すことはありません。与えられた仕事しかできない人材に成り下がるのがほとんどです。

物事の全体像をきっちり認識して、現状把握と問題解決のプロセスを構築できる人材は、新しい価値を生み出してさらに人生の高みを駆け上がることになりますが、そういった人材に共通しているのは、行間を読むチカラに長けていることです。文系でも理系でも、この本質はそんなに変わりません。

子どもの将来を考えて英語力を身につけることはもちろん重要です。

ですが、それと同じくらい、一見地味に見えるけれど、国語力を強化してきくことが将来的に半端ない破壊力を生み出すほど大きな武器となっていくことを、まずは親御さんが理解されるのが先決かもしれませんね。

あ、そうそう。

親御さんからのリクエストがあちこちから来てしまったので、村上の子育てセミナーを久々に開講します↓

202209子育てセミナー

子育てセミナーを受講されたご家庭には、(近々にご案内する予定の)算数に関する特別講座を割引させてもらいます!

お子さんの学力アップのために、ぜひご有効活用して下さい!

—————

当塾は、学び放題のプレミアムコースでお子さんに学習習慣を身につけさせるため、塾生ひとりひとりにいつでも使える専用席を設けているため、そんなに簡単に空きが出ません。

満席になりましたら、いつも入塾をお断りさせてもらっております
その際は入塾予約を受け付けることになりますので、入塾をご検討のご家庭はお急ぎ下さい。

—————

塾長:村上からの子育てコラムやAQURASのお得な情報をいち早く欲しい親御さんは、LINEの友だち登録をお薦めします↑H.Pでご案内することはない、LINE友だちだけの特典あります☆彡

—————

〇学力再生工房AQURASのホームページは【こちら】
西船橋工房(JR西船橋駅北口より徒歩4分)
稲毛駅前工房(JR稲毛駅東口より徒歩3分)

※入塾のご相談やお問い合わせは、当塾ホームページ下段のお問い合わせフォームより
TEL:047-401-2396(月曜~金曜 18:00~21:00)

AQURAS のTwitterは【こちら】
AQURAS のInstagramは【こちら】



このエントリーをはてなブックマークに追加   コース案内 小学部 中学部 高校部

ページトップ