トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 悩むからこそ見えてくるものがある

悩むからこそ見えてくるものがある

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

市原八幡工房のれいんです。

最近ふとこの塾生とどう向き合っていくべきかを悩むことがあります。

話しても何も反応がない時がある。
なかなか本音を話してくれない。
諭していても話を聞いているかどうか怪しい時がある。

読んでいるお母様の中にも、自分の子供とどう接すべきなのかを悩まれた方もいると思います。
どう頑張っても心を開いてくれなくなる時があります。

そんな時私は、他の講師の方ともコミュニケーションが取れるように行います。

それは自分以外の人になら話してくれる時があるからです。
また、時間をおいて接するということも行います。

私たちが相手にする塾生たちの多くは反抗期と重なるときがあります。
ご家庭の中で様々な問題を抱えながら入塾してくる塾生も少なくはありません。
そうなると中には大人全てが敵だと認識しているお子様もいる場合があります。

塾のメリットとして年が近い講師がいる塾が多いため、気軽に話せる分心も許しやすくなります。
そうして塾生のどんな部分で困っているかを聞きやすくなります。

私は子供もおらず、子育て自身はまだ経験はしていませんが、塾生を通じて子育ての大変さを感じる時があります。

憎いと思ったことがないと言ったらうそになります。

しかし心を許してくれた時、受験に合格したとき、成績が上がったとうれしそうに報告してくれた時は塾生と一緒になってうれしくなります。

それが楽しいからこそこの業界にいたといいっても過言ではありません。

生徒と一緒に楽しむ・・・。
なによりそれが一番心を開いてくれやすいのかもしれません。

以上れいんでした。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ