トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 「心」を鍛えただけで、劣等生から一気に「シンデレラガール」へ(^o^)/

「心」を鍛えただけで、劣等生から一気に「シンデレラガール」へ(^o^)/

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

新学期が始まる前に入塾した小6の女の子がいます。
中学受験組でもないのに、はるばる電車に乗って西船橋まで通ってれくれています。

これまで学校の算数のテストで、ずっと10点とか20点とかばかり。50点など夢でした。
それまで通っていた塾でも状況は改善されず、ウチの塾に来たときもお母さんが必死の形相で “何とかしてくれ” オーラ全開だったので、ちょっとどーしようと思いながら…(笑)

確かに、彼女に算数が何たるかを指導してきました。
これまでの彼女の先入観によるセルフイメージとコンフォートゾーンを塗り替えることに重点をおいて、対処療法ではなく、体質改善を図るのが得策と判断。

実は正直な話、算数教えたのはほんのわずかなんです。
ほとんど何もしてません、お母さんには怒られてしまいますが…(笑)

にもかかわらず、昨日ついに、4ヶ月目にして90点奪取という彼女にとって「とてつもなく凄まじい」点数の答案を持って、彼女は私のところに報告に来てくれました!

本当に、感無量でした。
そうか、こんなに自分で改善できるまで思考が成長したんだな…と感心する限りです。

お母さんも、泣いていたそうです。
そうですよね、娘さんもツラかったと思いますが、それを支えてきたお母さんも本当に心労が大きかったはず。この一瞬で、ここまでの苦労が報われたのではないでしょうか。

塾によっては「私たちの指導があったからこそです!」なんて豪語する塾もあるかもしれませんね、てか、そういった塾の方が多いのが現状です。

ウチの塾は、彼女のこれからの長い人生を考えて、その場の対処療法では意味がないと考え、敢えて彼女の「心」を育てることで、教えてもらうのは当たり前ではなく、自分で学び取る姿勢を自分自身で気づかせることを選択し、彼女はきっちり応えてくれました。

なので、ウチの塾はエゴなく素直に言い切れます。
「私たちは何もしてません。それは、彼女自身が生まれ変わる努力をしたからです」と。

人から教わったことなんて、3日もすれば忘れます。
でも、自分で気づいて導き出した答えは、一生忘れないんです。

私は、小学生でその解答を自分で導き出した彼女を、誇りに思います。
すばらしい塾生に恵まれたこと、感謝しかありません。

あとは、継続して彼女が実力を発揮できる環境づくりをしていくだけです。
何もしなくても、彼女は自分で答えを出せる生き方をしていくでしょうから。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ