トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > 「宿題忘れました」を叱る理由。(再アップ)

「宿題忘れました」を叱る理由。(再アップ)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ウチの塾では、宿題忘れをする塾生がほとんどいないのですが、やはりたま~にそんな塾生が登場します。

意外にも他の塾さんだと「次からやってきてね」の一言で済ませてしまうらしいですね。忘れた本人にとっては、緩くてありがたいのかもしれませんが。

ウチでは、結構、悲惨かもしれません。
かなりこっぴどく叱りますので。
そこまで叱らなくても…と思われるくらいに。

もちろん、悪意があってイジめているわけではありません。

宿題をやらされ感たっぷり、仕方なくやらなきゃ…、でもやりたくない…。

そんな状態でイヤイヤやってきたところで、本人の学力向上にはまったくつながらないのです。正直、意味がありません。

宿題を手を抜かずやり切って、全部×だったとしても、私は何も言いません。
ですが、手を抜いている塾生(見れば分かります)は、かなり厳しく叱ります。

当たり前のことを当たり前にやる…実は、意外と大変なことです。
誰もが、誘惑とか悪魔のささやきがある中で、自分自身を律しようと闘っているのですから。

態度や姿勢が乱れている者が、成績が上がり続けることは絶対にありません。

ですので、その部分だけは、私もかなり厳しく対応します。
塾生全員から嫌われようと、それが私の仕事ですから。

宿題の正答率が良いか否かは、二の次です。
表面上は○ばかりでも、実際に伴っているかどうかは別問題ですから。

まずは、誰から見ても恥ずかしくない生き方をするように…塾生に言う以前に、私自身も戒めます。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ