トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > 土台がなければ何も変わらない

土台がなければ何も変わらない

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

市原八幡工房のれいんです。

市原では定期テストが二週間前を迎える塾生が多くなってきました。

定期テスト前だからと言って特別なことはしていません。

なぜならテストの点数を上げるための近道は学校のワークを繰り返すことにあるからです。

ただワークを勉強しても仕方はありません。

きちんと自分の出来ていないところがどこなのか、そしてどの部分はきちんと理解しているかは把握しなければなりません。

しかし、どの教材よりも優先的に学校のワークはしなければなりません。

それはなぜかいうと普段学校で行っている勉強が教科書及びワークをもとに授業が展開されているからです。

試験問題のほとんどは生徒がすでに習っている範囲から出題されます。

また教員もあまり低い点数を取らせることが出来ません。

生徒にある程度点数を取らせるためには、解いたことのある範囲から出題すればいいのです。

必然的に生徒に課題として課しているワークから多く出題されるのです。

学校の教員の中には

「今回のテストはワークからそのまま八割だすぞー」

と公言される方もいるぐらいです。

八割とはいきませんがほとんどの定期テストのベースはワークからになると思います。

自分たちの子供のころにもいたと思いますが、

「ワークやる暇なかったから答えそのまま書いたよ」

という子供もいます。

しかしワークを怠ればテストで泣きを見るのは明らかです。

何事も基本が大事ということですね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ