トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > 子どもの前で旦那さんの悪口を言っていませんか?

子どもの前で旦那さんの悪口を言っていませんか?

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

お子さんがうまく育っている家庭と言うのは、父親が絶対的な主導権を持っています。北極星のように中心にドンと構えて、家族の指針になっているんです。

反対に、父親の影が薄かったり、お母さんがお父さんを軽く見ているような家庭は子育てがうまくいきません。

子育ての主導権もぜひお父さんが取るようにしましょう。

もしそれがムリだとしても、せめてお母さんは子どもの前で決して父親の悪口を言わないようにして下さい。

子どもにとっては、お父さんもお母さんも自分の存在の源です。父親の悪口や批判を聞くのは快いことではありません。子ども自身が否定されているのと同じことです。

旦那さんへの不満を子どもに向けたり、子どもだけは自分の思い通りにしようとすると、結果的に子どもはお母さんの顔色ばかりを伺う自立できない大人になってしまいます。母子密着がアダルトチルドレンをつくってしまうことは、もはや定説です。

子どもは、母親への愛情と父親への敬意で育ちます。とくに父性は、子どもに対して親からの自立を促す性です。

お父さんが子育てに関わる時間が短くなるのはある程度やむを得ませんが、お母さんはお父さんが頑張っていることを強調して子どもに伝えて下さい。お父さんの凄いところは10倍、100倍にクローズアップして話しましょう。父親への尊敬の念が強くなれば、子どもの目の色が変わります。

父親を信頼して育つことは、子どもにとって人格形成上極めて大切なことなのです。

最近、友だちのような親子が流行っていて、子どもと対等なレベルで接するのがカッコいいなどと考えている親も少なくありません。でも、子どもと同じレベルに下がって接するのは真っ当な親子のコミュニケーションではありませんし、それを分かる人から言わせれば“カッコ悪い”以外の何物でもないわけです。

「親には絶対に敵わない」と思わせないと、子どもは必ずつけあがります。親は子どもに尊敬される存在でなければならないんです。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ