トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > エンターテイメント化する塾が当たり前になる中で、敢えて世に逆行して「硬派」な塾を貫く。

エンターテイメント化する塾が当たり前になる中で、敢えて世に逆行して「硬派」な塾を貫く。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

先日、英検の賞状が届いたので、合格者に渡してました。

ウチはほんとに飛び級合格が多いですね。

 

 

下の学年で、上の学年の級を取るのは、もはや日常茶飯事となってしまい、塾内では大して取り上げなくなってしまいました(笑)

 

 

現在、3月開始となった一般生の「3年間分の英単語・不規則動詞をたった1ヶ月で完全制覇してしまう奇跡の速習講座」に多くの小学6年生と中学1~2年生が立ち向かっています。

 

 

相当キツい顔して、全員ヒーヒー言いながら、常に同時期で始めた子たちと毎回対決をさせられ、下剋上乱発の中で、驚くぐらいの進化と成長を遂げています。

 

 

そりゃそうです、3年かけてやっつける内容をたった30日以内で制覇しちゃうんだから。

キツくないわけがない。

 

 

それでも、現時点でドロップアウトした一般生は0名。

みんな、歯を食いしばって闘っています。

 

 

塾がどんどんレジャーランド化する風潮になってきています。

先生がイケメン、優しい、設備がキレイ、建物もキレイ、などなど、もはや塾じゃない笑

 

 

本来、塾という場所は松下村塾のような「寺子屋」であるべき場所であり、エンターテイメントを持ち込む場ではない。古い考えかもしれませんが、私はそうです。

 

 

己の弱さに向き合い、その弱さを克服して次の人生のステージで力強く生きるために、己との闘いに勝利し、己を磨き上げて生き様を築いていく。

 

 

だから、楽しい塾もあって悪いとは思わないけど、少なくとも私は「硬派な」塾でありたいと思っています。

 

 

そして、みんなエンターテイメント化する塾に通う子が大多数になっていく中で、敢えてウチのような厳しい環境に身を置きたいと来てくれる子のために、ウチは常に精進していかねばならない…いつも思うことです。

 

 

今日はとりとめのない文章になっちゃいましたね、すいません笑

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ