トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 宿題の量について。

宿題の量について。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

当塾でも、たまに退塾される方がいらっしゃいます。
そして、引き止めることはしていません。

すべての退塾された方に共通しているのは、成績は上がった! でも「宿題が多いからイヤだ」という理由です。

人それぞれ考えがあると思います。ですので、子ども本人及びお父さんお母さんが納得できる塾選びをしてもらえれば幸いです。 一か所に固執する必要はありません。

他塾から転塾してきた塾生を見て、まず驚かされるのは、前の塾で宿題がほとんど出ていなかったり、1週間でプリント1枚だけ…という光景が珍しくないことです。塾生本人や親御様に聞いてみると、講師の方が生徒から嫌われたくなかったり、本人の気分を悪くさせないために宿題量を少なくするそうです。

どうやって、これで成績を上げろと…???

恐らく、真っ当に子どもと向き合ってる塾も多いと思います。私たちも塾生の成績を上げるために、宿題量は多めに出して、すべてチェックもして、わずかな手抜きすら見逃していません。とはいえ、子どもが体調を崩すほどの勉強量までには、なり得ません。

「宿題の量」=「学習量の確保」は、成績を上げるための生命線です。
学力再生工房と名乗ってる以上、学力を再生させなければいけません。

当塾を退塾された方々も、この“勉強量の豊富さ”で、成績を劇的に伸ばしてきました。とはいえ、勉強より部活を優先したい子や、もっと優しく対応してほしいという子もいたので、私としては別の選択肢を提示させてもらいました。その方がお互いのために良いと思うので。

私たちの塾は、緊張感のある厳しい空間の中で、劇的に成績を伸ばす塾です。和気あいあいと勉強する塾ではありません。その積み重ねが、当塾を「成績上昇率が劇的に高い塾」にしています。

厳しい塾にしたので、塾生数も減るかと思っていましたが、逆に増えてしまいました。
まさか、満員で入塾待ちが出るとは思ってもいなかったです。

“我が子はこんなもんじゃない、もっと輝く将来があるはずだ!”と願ってやまないお父さんお母さんの期待に、これからも応えていける塾でありたいと思います。

それと、お父さんお母さんの、お子様への成績の心配を一掃する塾であるために、当塾は宿題の量に関して、少なくするということは致しません。お子様の自立心を高めるために不可欠であることを、ご理解下さい。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ