トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 「自分のやり方を貫く」はTPO次第~塾に通ってそれをやるのは、ひとまず『アホ』です~

「自分のやり方を貫く」はTPO次第~塾に通ってそれをやるのは、ひとまず『アホ』です~

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////

先日、村上が普段から懇意にしている茨城の守谷にあるStudy Place 翔智塾さんにお邪魔してきました。

AQURASでも今後導入する新システムをすでに導入されている塾です。その運用方法を見学しに、中村塾長のもとにムリ言ってスタッフともども見学させてもらってきました。

> Study Place 翔智塾さんのH.Pはこちら

中村塾長はもともとクールでイケてる塾長なんですが、やはり若い…。
村上は着々と老けていくのを最近特に感じており、最近サボっている散歩を本格的に始めなければ…と心新たにしたところです。

私もこの仕事を20年以上してきましたが、極めることができた!という感覚は全然ありません。むしろ長くやってればやっているほど、未だに気づいていないことや理解できていないことをたくさん思い知らされます。

そして、その都度学んで、一生極めきれないであろう領域にそれでも近づいていく…というところかもしれません。なので、新しい見識を求めて、謙虚に学んでいく…それこそが、何事も上達の近道だと思っています。

面白いことにたまにいるんですが、塾に入ってきても「僕は自分のやり方を貫きます!」と豪語して、周りからのアドバイスをすべて撥ねつける子がいます。年々増えているようですね、人の話を聞かない子は。

TPOによっては、その姿勢は大変結構なんですが、とりあえず塾でその発言は「死ぬほどカッコ悪くて、ある意味、無能アピールをしてるようなもの」と思ってほしいですね。

自己流で成功しているなら、そもそも塾に来る必要なんてないでしょう。
自己流でうまくいってなくて結果が出せないから、塾に来ていることを分かっていない。

それなのに意識高い系発言をされたところで、「おまえアホか?」までは言いませんが、随分と遠回りな人生を送ることになるだろうな…と思ってしまいます。

優秀な人ほど、できる人ほど、謙虚ですよね。
そういう人ほど、己の非を指摘し、アドバイスをくれる方を大切にします。

それが分かってない愚かな子ほど、アドバイスをくれる人を拒絶する。
勝手に敵対視しかできない。本人のためを想ってアドバイスしてもムダだから、いずれ周りは相手にしなくなります。

そして、自分の考えや発言に合わせて味方してくれる、甘やかしてくれる人だけの言うことを聞く。その結果、大して伸びることはない…その無限ループです。

こういったお子さんは、ウチの塾に限らず、どこに行ってもまず伸びません。

そして、大半の確率で「成績が上がらないのは塾のせいだ」と自らの失敗を認めることなく他責の念に固執して辞めていきます。そして新しく入った塾で、また同じことを繰り返す…本人が逃げているのを気づけるかどうかで変わるでしょうけど、かなり難しいと思います。

たぶんこれは、学業だけでなく、大人の世界でも同じですよね。
サラリーマンしてれば、こういった部下を何度も見たことがある方は、私のブログの読者の方にもいらっしゃるのではないでしょうか。

塾長関係者も同じ。
こだわりがあって、それを貫くのは良いことです。

ただ、優秀な塾長、成功している塾長ほど、謙虚で素直ですよね。
そして、アドバイスを奥深く分析し、情報の取捨選択をして、己の血肉化としていく。

ダメな塾ほど、塾長や管理者が、TPOを考えずに全部撥ねつけてますよね。
その結果、生徒に十分な指導環境を与えられなくなっていく。実は、罪深い話です。

私は中村塾長ほどのキレ者にはなれませんが、己に足りないところを補いつつも、変えてはならないこだわりは絶対に変えずに、AQURASは「学力的にも精神的にも強い子に育っていく塾」であるためにまだまだ研鑽していきます。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ