トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > “勘違いするな、おまえの敵は「おまえ」だよ!”

“勘違いするな、おまえの敵は「おまえ」だよ!”

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今度の月曜、千葉県公立高校入試の後期日程を迎えます。

今度はその日だけの一発勝負。
それも、ほとんど当日点で決まるようなもの。

ウチの塾生は分かっているので問題ないですが、こういった受験生もたくさん見受けます。

「他の受験生にいかにして勝つか」
「他の受験生よりもいかに高得点を取るか」

気持ちは分かりますし、一定の理解も示しますが、残念ながらズレています。
点差がつくのは、他人との競争からではありません。

「おまえの敵は、おまえ自身だっ!」

私は、いつも強く塾生に言い続けています。

負ける理由など、技術論に関してはそこまで大きくありません。
練習を重ねていけば、いずれどうにでもなります。

ほとんどのケースは、本人が精神的に弱いからです。
大一番になれてないから、いつもはしないミスを乱発する。

そして、もう1つ。
受験生自身の「慢心」です。

「オレは最強だから」「オレはどうにでもなるから」と言っている段階で、すでに「心」に大きな隙が生じているんです。それが見直しするなどの注意深さを狂わせ、大量失点につながっていくんです。

己の油断や慢心に打ち克つことができれば、ミスも減り、点を取るべくして取っていける。そこに気づかない者が大一番に勝つことなど、ほとんどありません。

だからこそ、普段からの「心」の教育が不可欠なんです。
AQURASではいつもマインドセットを徹底していますが、間違ってないと断言できます。

  >西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ