トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 壁を越えた者だけが見れる素晴らしい景色があるんだよ。覚悟があれば、他人の何倍もの成果が出せる!

壁を越えた者だけが見れる素晴らしい景色があるんだよ。覚悟があれば、他人の何倍もの成果が出せる!

今夏の夏期講習のコース設計で連日頭を悩ませていますが、ウチの塾の中心エリアである船橋市と千葉市の小・中学校の夏休み期間が見事なまでに被らないため、かなりの苦戦を強いられている現状です。

そのため、今回の夏期講習は例年よりも日数を多くとって、フレックスの時間数も大きく増やす方向でコース設計を加えているところです。これにより、中3生は例年よりも遥かにエンドレスに勉強できる時間数が増えるため、学習量を例年以上の学習量確保が期待できます。ただでさえ千葉県の公立入試が一本化されるこの学年、不利な状況を回避するためにも、ウチの塾としても多少の大盤振る舞いは必要と判断しています。中3生以外の学年にとってもフレキシブルに対応して、例年と変わらない指導を提供できるよう頑張ります。問題は、人件費との闘いですかね…(苦笑)。

夏期講習の一般生受講受付はH.Pに掲載してからになりますが、まだ塾生向け概要も出せていないため、もう少しお時間を頂戴する感じとなります。
たくさんのお問い合わせを頂戴していますが、もうしばらくお待ち下さい。

そういえば、最近入塾してきた小学5年生の子が、ついに中学校3年間分の英単語346個を全部マスターして、満点取っちゃいました!
中3生にやらせてもまず点数が取れないのに、小5が完全制覇するとは…。

A.B.Cの書き取りからまだ1年も経ってないのに、高校受験レベルの文章が読めちゃう読めちゃう…(笑)
英検の過去問やらせたら、簡単すぎて余裕の合格点を叩き出す有り様です。彼もここまで相当頑張ってきたわけで、壁を越えた先にある景色を観れるようになったのが、本当に喜ばしいものです。

大抵の人は、壁を越える前に諦めてしまい、レベルを下げるか、もしくはドロップアウトしちゃいます。
期待値でしかないけれど、1人でも多くの子どもに、壁を越えた先にある素晴らしく美しい景色を観て、その先の新しい世界に進んでほしい。壁を越えようとしない人には絶対に理解できないほどの、素晴らしい景色を。

もう1人、市川から通っている中2女子も美しい景色を観てくれました!
前回は偏差値45だったのが、今回は56まで一気にボーンと上げてきてくれました☆彡

入塾当初は偏差値30台のボロボロで「残念な」状態でした。
途中で弱音を吐きながらも、覚悟を決めて必死に立ち向かって、この快挙です。

「もう2度と、昔の自分の姿に戻りたくない。だから、頑張る!」
壁を越えて素晴らしい景色を観た者だけが言える一言だと思います。

これだけ上がっても、彼女は喜ぶどころか、一言ボソッとつぶやきました。
「英語も理科も、ミスしなければもっと取れた…」

メチャメチャ上がって調子に乗るわけではなく、もっと取れたはずだと自分を振り返り、まだまだ自分は行けるんだと思える貪欲さ。
勉強を通じて、しっかり人間性も育ってますね。

ウチの塾では、学力だけでなく、どこに出しても恥ずかしくない人間に育てます。
お子さんにそうなってほしいお母さん、当塾にお任せ下さいね。

———————-

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市にお住いの小3~中3生をお持ちのご家庭へ

「いつでも会いに行けるアイドル」ではなく『いつでも通おうと思えば通える地元密着型オンライン塾』始めています。
受講を希望されるご家庭はこちらのバナーをクリック↓



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ