国立高専に進むことで得られるハンパない威力とは?

ウチの塾でしばらくぶりに国立高専合格者が出たと思ったら、まさか1人ではなく2名も…だったのが嬉しい悲鳴と言うか、喜ばしいことというか…(笑)。

日本国内の中3生の進学先の99%が高等学校なのに対して、高専はわずか1%の中学生しか進まない、未だにレアな選択肢となっているわけですが、村上的には国立高専は恐ろしくお薦めしています。

高専は理系のエリートエンジニア養成には、打ってつけですからね。

5年間で準学士(短大卒)の資格が取れますが、実務能力は学士(四大卒)と同等もしくはそれより遥かに凌ぐ知識と技術力を身につけることができるため、上場企業からの求人倍率が全国どこの高専も25~30倍に達し、本人の性格がよほどひどくて社会不適合者でもない限りは、ほぼ条件の良い企業に就職できます!

大卒・大学院修了での総合職や研究職で採用した人材に比べると、どうしても都市部のキレイでオシャレな本社勤務というわけにはいかずに、工場や研究所での勤務となるでしょうが、役職的にも課長クラスなどの中間管理職までは昇進する可能性が十分あるため、現代の不安的な競争社会の中で、ある程度安定した、堅実な人生に持ち込むことが可能です。人気が高いのも十分頷けます。

そして、高専の学科内で成績が上位5%以内にいることが前提になると思いますが、国立大学の2 or 3年次編入も十分可能です。高専卒の中間管理職扱いで終わりたくなければ、しっかり学士(四大卒)の資格をとってさらに上を目指すのもアリです(もちろん、昇進は本人次第なので約束はしませんが…)。

普通科の高校よりも、遥かに国立大学に入りやすいです。
面倒な大学受験もいらないですし…そのかわり、専門の学力と能力値は必要ですが。

意外とお薦めなのが、高専5年間の後に、国立大学編入の代わりに高専の専攻科(学士取得・四大卒)に進学することでしょうか。国立大学の学費の1/2くらいの学費で済むんですよね。お財布に優しいというか、家計が助かるというか…(笑)。

高専専攻科修了は四大卒と同じ学士扱いですが、知識と技術力は大学院のM2修了(修士)ほどの破壊力を誇り、こちらも企業の求人は死ぬほどあります。大学院修士クラスを大卒の人件費で使えるんですから、企業としてはノドから手が出るほど欲しかりますよね(笑)。

しかも、全国どこの国立高専も学生寮が完備されているので、地元に限らず全国どこにでも受験可能です。寮生活で社会性も身につけさせることができるし、親御さんとしては学力・知識力・技術力・社会性を一気に身につけさせることができるので、知る人ぞ知る、素晴らしい選択肢だと思います。

最近では文系学科の設置された高専も登場してきました。
富山高専、福島高専、山口の宇部高専の3つしかないですが、文系の子だからと言って、高専を諦める必要はなさそうですね。

国立高専を目指す上でのデメリットとしては、学力がクルクルパーでは難しいということでしょうか。

最低でも偏差値60クラスは必要です。
となると、中学校の定期テストは5科400点以上は必要最低条件。

推薦入試とかだと、内申は3年間で9科すべて4もしくは5でなければ出願すらさせてもらえない…など、ある程度の学力が必要であることが多いかな。

私が千葉大の工学部に在籍していた時代、学科に地元:木更津高専から編入してきたイケメンがいたんですが、ガチでヤバかったです…専門科目や実習では教授への質問内容のレベルがあまりに高すぎて、私も含めた普通科出身者にはもはやついていけず、話がチンプンカンプンだったことを今でも覚えています。

次元が違うというか、生きてきた世界が違うというか…高専出身者の恐ろしさを、まざまざ見せつけられたものです(苦笑)。

敢えて周りの子とは違う人生をわが子に歩ませたい…というのであれば、高専もアリかもしれませんね。

いずれにせよ、2人ともおめでとう!

—————

ここ最近、親御さんからお子さんへの関わり方で相談を受けることが増えてきました。

なので、小学生・中学生のお子さんをお持ちのお父さんお母さん対象で、以前にも開講した村上の子育てセミナーを再度開講しようかなと思います。

>過去に開講された村上の子育てセミナーに参加した親御さんの感想文はこちら

西船橋工房で3月12日(土)、稲毛駅前工房で3月19日(土)、それぞれ午後の時間帯を予定しています。もちろん、変更の可能性もありますので、ご了承下さい。

詳細はこちらをクリック↓

詳細はまた当塾H.Pの「最新・更新」ページにアップしますので、ぜひ参加してみたいというお父さんお母さんは逐一H.Pをご確認下さい。

—————

『お子さんを偏差値60以上に押し上げるための中学英数先取り講座』のご案内(現.小6生 対象)も特設サイトにアップしております。

詳細はこちらをクリック↓

—————

当塾は、学び放題のプレミアムコースでお子さんに学習習慣を身につけさせるため、塾生ひとりひとりにいつでも使える専用席を設けているため、そんなに簡単に空きが出ません。

満席になりましたら、いつも入塾をお断りさせてもらっております
その際は入塾予約を受け付けることになりますので、入塾をご検討のご家庭はお急ぎ下さい。

—————

塾長:村上からの子育てコラムやAQURASのお得な情報をいち早く欲しい親御さんは、LINEの友だち登録をお薦めします↑H.Pでご案内することはない、LINE友だちだけの特典あります☆彡

—————

お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。

 

〇学力再生工房AQURASのホームページは【こちら】
西船橋工房(JR西船橋駅北口より徒歩4分)
稲毛駅前工房(JR稲毛駅東口より徒歩3分)

※入塾のご相談やお問い合わせは、当塾ホームページ下段のお問い合わせフォームより
TEL:047-401-2396(月曜~金曜 18:00~21:00)

AQURAS のTwitterは【こちら】
AQURAS のInstagramは【こちら】



このエントリーをはてなブックマークに追加   コース案内 小学部 中学部 高校部

ページトップ