トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 勝利の回数ではなく、勝負の回数こそ誇れるもの。

勝利の回数ではなく、勝負の回数こそ誇れるもの。

読者の皆さん、あけましておめでとうございます。
2021年もまた気軽に立ち寄ってもらってブログを一読してもらえるとうれしいです。

さて、私にとっては長く長かった、2度目の厄年だった3年間が終わろうとしています。
節分あたりで終わるのかな、今は後厄が何事もなく無事に過ぎ去ってくれることを願うばかりです(苦笑)。

昨年後半より業務が激しさを増し、累計日数を数えると何ヶ月も、自宅に帰る体力が残っていないことによるホテル暮らしが続きました。このような社会情勢の中で、塾生たちに指導品質を落とすことなく提供するために東奔西走していた感じです。

今年度から、ブログの書き方を改めようかなと。

AQURASは塾のH.Pが4つあるため、全部のH.Pのブログ更新作業が正直かなり村上的にも重荷になっていました。コロナショックでの塾の品質管理やシステム整備の業務が大きく増えた中で、ブログ更新作業が難航、今年度はOfficial H.Pのブログ1本のみに絞って、他のウチのH.PブログはOfficial H.Pのブログ更新リンクを張ろうかなと。少しは作業が減るといいなという個人的期待を胸に(笑)。

ただ、読者の皆さんにはできる限りリアルタイムに情報発信するために、私.村上以外にも、私の母校である市立千葉高校出身の教務スタッフが数名いるため、村上が更新が厳しい日にはこちらのスタッフたちで高校生活の思い出や学校情報などをアップし、市千葉(在校生・卒業生の呼び方)の魅力をお伝えしていこうかなと。市千葉は受験生にもそれなりに人気のある進学校ですからね。新校舎になってしまってからは倍率は上がる一方で、ますます入りにくくなってしまいましたが…。

ということで、今日の村上ブログなわけですが…何書こうかな(苦笑)。
高校から先の人生、私も挫折続きだったわけですが、今になって思うところを。

そもそも、連戦連勝の人生なんて存在するわけありません。
一見すれば、ずっと勝ち続けているように見える人であっても、それは表面的なことでしかないんです。ウラでは相当苦渋な思いもしてきているはずです。

成功している人というのは、挫折から立ち上がり、再び勝負に臨み続けたからこそ、陽の目を浴びることになったわけです。自分には関係ない…という人もいるかもしれませんが、そんなこともないと思います。

私たちも日々の生活の中で、試され、結果が出て、評価されています。
もし、そんなことを感じていないとしたら、それは見ないフリをしているだけです。

例えば、

〇朝に決まった時間に起きる。

目覚ましが鳴っても、無意識に止めて、時間を大幅に過ぎたことに気づき、目覚ましに当たり散らす…投げつける…破壊する…(爆)。勝敗が決しているのに、審判に食って掛かるスポーツ選手と何だか似てないですかね?

〇予定通りに仕事を仕上げる。

会社から命じられた仕事に向かい合うものの、PCのトラブルや取引先担当者の不手際で納期に間に合わず、叱責を受ける。そのときにPCを所管する総務や取引先担当者の不備をディスる……。この後も、仕事をしていくつもりなんですかね?

〇彼女とのデートの時間に大幅に遅れてゆくものの、誰もいない。

ケータイで言い訳をした後に、怒って帰ってしまった彼女に不満をぶちまける……。彼女との未来に希望を感じているんですかね?

なぜ、普段から勝負する局面を意識できないのか?
それは、評価を他人に委ねているからです。

そして、評価する立場の人に言い訳して説得できれば何とかなる。結果は二の次だと思い込んでいる……。
これでは、いつまで経っても己の人間力向上にはつながらないでしょう。

このような状況を改善したいのであれば、自らの行為を進んで評価し、その結果を受け入れるべきです。
そして、負けであっても何度でも立ち上がり、次の勝負に臨むことです。

・勝って驕らず
・負けて腐らず
・次戦に備える

この姿勢を維持できれば、平常心を保つことが容易となり、読者の皆さんが望むゴールに近づいていくことでしょう。

勝ちの数よりも、負けの数を誇る。
その心は、挫折から歯を食いしばり、立ち上がった経験の多さから創られていくものであるということをぜひ頭の片隅に入れてもらえれば幸いです。

——————

お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。

QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ