トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > 例えコロナ感染拡大で新学期開始が遅れて、自宅待機になっていても、まったく安心してもらって構いません。

例えコロナ感染拡大で新学期開始が遅れて、自宅待機になっていても、まったく安心してもらって構いません。

緊急事態宣言の発動後から普段発生していなかった突発的な業務が一気に噴き出したことで、例年なら予想だにしなかった業務が一気に山積みになって、今までずっと時間を食われてきました。

とはいえ、少しずつですが、ようやく4月上旬分に完遂させるべき業務の終わりが見えてきました(それでも10日分以上の遅れがまだ解消できていません)。現在はZoomでのリモート授業も塾生たちに定着しつつあり、不自由な面もあるものの、塾生たちも淡々と日々の授業をこなしており、あとは学習の精度を高めつつ、いかに定着度を上げるかにこだわるのみです。他の塾さんがリモート授業に切り替える時間を取れずに休校に追い込まれている中で、先の展開を読んでギリギリ準備を終えていたことが何とか功を奏した感じでしょうか。

ウチの塾では、ここまでのZoomでのリモート授業以外にも、ここからは塾生たちの生活習慣の徹底やマインドセットにおける自制心強化を施していくための策を講じていきます。なかなかブログも更新できない状況が続いていますが、もう少し落ち着くまで適度にゆるーく更新していければと思います。

ひとつ言えるのは、ウチの塾では、例えコロナウィルス感染拡大で新学期開始が遅れて、自宅待機になっていても、まったく安心してもらっていい体制が整いつつあるということでしょうか。

5月以降に関して、現在は積極的に塾生の入塾受付をしていない状況から、学校にも塾にも行けずに困っている一般生の受付を再開していこうかなと思います。今月も何件も問い合わせをもらいましたが、ここまでの指導体制確立を最優先としたため、折り返しができない状況が続いていたことをお詫びします。

5月以降の入塾受付につきましては「最新・更新」ページを逐一ご確認下さい。

ページトップ