トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > この休校期間中で上位と下位の格差が絶望的な位ついてしまうと思いますが、ウチの塾はことごとく防いでいけそうです。

この休校期間中で上位と下位の格差が絶望的な位ついてしまうと思いますが、ウチの塾はことごとく防いでいけそうです。

連日の教材・テスト・書類などのデリバリーと親御さんへの電話も数十件かけている状況が続き、教務面も含めてマンパワー的に何とかギリギリの対応となってはいますが、ひとまず塾生への学業の継続に関して助力できる状態が続けられそうです。

Zoomでのリモート授業は色々と不自由なところもありますが、徐々に塾生たちに定着しつつあり、これまで通りの通塾時と同じ学習指導の提供であれば、リモート指導でも遜色ないところまで追いついてきています。

問題は、定着度の確認と、進捗や理解度をチェックする局面となったときに、都合が悪くなると急に勝手に退出したりミュートにしたりして、その場を逃げ出す自堕落で自分勝手な塾生をどう防いでいくかです。ここが通塾時の指導と決定的に異なります。

ウチの塾もこの部分を腐心しつつも、着実に指導の精度を上げてきています。スタッフも塾生たちも馴染んできたのが大きいですね。

先述のような逃げ出す塾生に関して、これが通常時のように教室にいるのであれば最後はある程度の強制力は働かせることもできますが、オンラインだと指導提供する側も全く手出しができないため、子どもたちの自分勝手な都合のいいツールにいつでも成り下がります。その理由こそが、オトナが使うのと全然意味合いが違う点でしょうか。

このような自分に都合のいい子の対応に関して、今後ウチだけではなくどこの塾も苦しむことになるでしょう。いつだって好き放題逃げ出せるわけですから。

ですので、この休校期間中で上位と下位の格差がますますくっきり分かれるのは決定的です。絶望的なくらい上位と下位の格差がつくと思います。それは人生においても同じで、高所得者層と低所得者層で、もはや挽回が利かないくらいの所得格差や幸福度格差がつくのは、まったく想像に難くありません。

恐らく今後もオンラインのリモート指導に動く塾・予備校さんが増える一方ですようから、現在までCMで流れている既存の通信教育の教材やオンライン教材会社は、これからどんどん自学分野に進出してくる塾・予備校の煽りを経営的にモロに受けることになるでしょう。

そして、全国あちこちZoomでリモート授業ばっかの塾だらけになってしまうため、ほとんど差別化にならなくなるでしょうね。学習指導だけの塾がどんどん淘汰されて、国内の私教育産業の半分近くが廃業になるのではないかと、極端な見解ながら、私は見ています。

ウチの塾は自己管理を徹底させる人間教育の塾として他塾さんとは一線を画す指導で運営しておりますが、今後は、塾生たちのさらなる自制心の強化と高度な処世術を頭と心に切り刻んで定着させていくためのマインドセット教育を再構築して、このようなカオスのフロンティアすぎる時代が到来しそうな社会でも、徹底的に尖鋭化を図っていこうと思います。

Zoomでのリモート授業が形になってきたことを受けて、5月あたりから中断してしまっている塾生の欠員受け入れを再開しようかなと考えていますので、着々と準備を進めようと思いつつも、まずはストップ状態の「同学年に3学年以上の圧倒的大差をつける、小学生の英検準2級合格飛び級コース(仮称)」のH.P制作を再開して、読者の皆さんにご案内できるよう頑張ります。

来年の桜は、もっと落ち着いて観れるといいなぁ…と淡い期待を込めて、この1年をコロナ禍への勝利に向けて、塾生自身の人生計画の勝利に向けて、気持ち新たに邁進です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ