トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 華原 朋美さんの名曲I’m proud、素晴らしい意味と落とし穴。

華原 朋美さんの名曲I’m proud、素晴らしい意味と落とし穴。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

1996年にリリースされ、139万枚を売り上げて、日本レコード大賞の優秀作品賞に選ばれた華原 朋美さんの名曲“I’m proud”。

小室 哲哉さんの最高傑作とも言えるこの曲が出たとき、私もまだ高校生でした。多くのお父さんお母さんも、ご存知の方は多いのではと思います。

I’m proud=直訳すると、私の自慢とか誇りとか?私は誇りに思っているといったところです。この曲の歌詞では、勇気を持てない自分に対して、自分自身を精一杯誉めることで自尊心を高めて、前に進んでいく姿を描いていると、私はそう捉えています。

自分のやろうとすることに自信を持つ。素晴らしいことです。

とはいえ、1つだけ注意点が…。

自尊心を高めること、プライドを持つこと。
お子さんにとって、とても大切なことです。

しかし、困ったことに、根拠もなくプライドだけ高くて他人のアドバイスなど全く耳に入らず、気が付いたら周囲は敵だらけ、自分の置かれている状況も最悪…そんな方もいらっしゃるのでは?

はい、若かりし日の私自身の姿でした。

根拠のないプライドばかりの中身のない人間のくせに、やたら自分を大きく見せたがる。今こうして振り返ると、自分の話なのに、こんな奴と友達にはなりたくないと思ってしまう…(笑)

プライドが高い、自尊心を高めるのは重要ですが、それ以上に謙虚な姿勢で取り組むお子さんは、早い段階で確実に伸びてきます。

逆に伸びないお子さんにある程度共通しているのは、素直さのなさでしょうか。
反抗期は結構ですが、結局は、自分が損していることにいずれ気づかされるときが来ます。

以前話題に出した、自信を持つことと自意識過剰は紙一重、といったところです。

私自身もそんな感じの若者時代を過ごしたので、相当痛い目に遭いました。
おかげで、20代に比べると、多少は謙虚になったと、私も勝手に思い込んでいます。

大人になって大成する人ほど、柔軟に物事を考えて、自らの知識として血肉化していきます。
失敗する人は、根拠のないプライドと過去の栄光を振りまくだけで、何もせず終わります。

さぁ、あなたのお子さんは、どっちに育っていくでしょうか!?

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ