トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 「防衛大」式を日常生活に取り入れてみたら。。。

「防衛大」式を日常生活に取り入れてみたら。。。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

こんにちは、稲毛スポーツセンター工房スタッフの岩橋です。

 

最近本を読むことにはまり、同じ本を何回も何回も読んでいます。

その中で私が紹介したい本はこちらです。

 

『何があっても必ず結果を出す「防衛大」式最強の仕事』著者:濱潟好古

 

今回は 一部抜粋してご紹介したいと思います。

—————————————————————————————————-

 

理想の自分の姿をデザインする。

「目的」が決まったら、続いて「理想の自分」をイメージしていきます。

「理想の自分」=「なりたい自分」です。

 

「この目的を全うすることによって自分はどうなりたいのか」を頭の中でイメージできるまで、自分自身に問いかけ、かんがえるのです。

 

さらに行動にも落とし込みます。

 

具体的には、「目的にあった行動をするためには今日一日をどんな思いでどんな行動をすればよいのか」といったことを書き出すのです。

 

私はA4サイズの紙を8等分にしていつも次のことを書き出していました。いたってシンプルです。時間にしたら30分程度といったところでしょうか。

 

1 何のために仕事をしているのか(目的)

2 誰のために仕事をしているのか(目的)

3 目的に合った行動をし続けると、自分は将来どうなっているのか(理想の自分)

4 理想の自分になるために機能やったことは何か(行動)

5 4をやった結果、どうであったか(振り返り)

6 振り返りの結果、今日やることは何か(行動)

7 それをやることによって明日の自分はどうなっているか(イメージ)

8 そのイメージは自分が理想として掲げている姿か(確認)

 

理想の自分に近づくために昨日の行動を振り返り、改善するところがあれば改善し、継続すべき行動は継続し、毎日、「理想の自分」にちかづいているかどうかを確認することで「理想の自分」を明確にすることで、働く「活力」がわきます。

 

プレッシャーにも負けない前向きな気持ちで、仕事にあたることができるはずです。

———————————————————————————————————————–

生徒と将来について話をしたときに、たくさんの夢がありました。

将来○○なる!こうなりたい!などの将来の夢をたくさん教えてくれました。

 

この本ではその理想の自分になるためにはどうすれば良いのか、今やるべきことは何なのか?を導いてくれる本です。

 

生徒たちから、そしてこの本から学ばされることが他にも多くありました。

皆様もぜひ日常の生活の中で「防衛大」式を取り入れてみてはいかがでしょうか。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ