トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 友だちみんな高校受験で歓喜のフィナーレだった。私だけ、ひとり哀しみの中でスタートラインだった。

友だちみんな高校受験で歓喜のフィナーレだった。私だけ、ひとり哀しみの中でスタートラインだった。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

こんにちは!

アシスタントスタッフの細野です。

 

 

今回は、大学の一般受験が近いということで、私の大学受験のことについて話したいと思います。長くなると思うので何回かに分けていきたいと思います。

 

 

まず、私の大学受験は高校入学時から始まってたといっても過言ではないでしょう。

と言うか高校でやってきたことが大学受験に繋がるので皆そうですね…

 

 

私は塾長の教えで最初から推薦狙いでいこうと思っていたので、そういう心持で高校に通い始めました。

 

 

高校受験で失敗してしまって進学校でもなく一般受験向きではないレベルの高校になってしまったので、大学受験で逆転できるかもしれないひとつのこの方法を選びました。

 

 

悔しかった高校受験についても、また今度話したいと思います。

 

 

高校1年の時から大学受験について考えさせられておいてよかったと思っています。

塾の先輩のオープンキャンパスについていったり、その時は若干面倒くさいなとか思っていた大学フェアみたいなのにつれていかれたり、一番大きかったのは塾長からの大学情報です。

 

 

それらがあったおかげで、1年生の時からとりあえず志望校が決まっていました。

 

 

1年生の時から大学受験の始まりだとも思っている志望校決めをしていたことで、

そこから今やるべきことを導き出せて、取り組むことができました。

 

 

その時の目標は、主に高い評定を取りにいくのと英検でした。

目標が明確だったので意欲的に取り組むことが出来ました。

 

 

前回も同じようなことを言いましたが…

高校生活ふらふら楽しむだけでなく、将来に繋がる何かの目標はあったほうがいいと思います!!!

 

 

とりあえず、今回はここまでで!

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ