トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > 綺麗事だけの虚言か、泥臭さの先にある栄光か。

綺麗事だけの虚言か、泥臭さの先にある栄光か。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

先日のブログで、シンクロ日本代表の井村ヘッドコーチの話を挙げました。

今回の世界水泳カザン大会、再び戻ってきたスパルタ指導者の井村さんのおかげで、きっちりメダルを獲得し、国内メディアがこぞって、

“日本シンクロ復権へ。「本当に強い国」への第一歩。”

と報道しています。スパルタだ体罰だと勝手に一方的に騒ぎ立てた方々は影を潜め、最高の結果を選手たちに取らせた井村コーチの手腕を高く評価する声が、ようやく世論的にも出てきた感じでしょうか。

スパルタと体罰は全く異なるものであることを理解せずに、表面的な事しか見ないで騒ぎ立てる方々はどうなんですかね?

井村さんのように一見すれば誤解を受けるかもしれませんが、本物の愛情を持って選手に接することができる数少ない貴重な指導者は、もっと認められるべきだと私は思います。

今日はその井村さんの印象的な言葉を載せてみます。
————————————————————————-
選手たちにメダルを獲らせたかったのは、私が普段の練習の中では与えられないものを彼女たちに与えることができるからです。

この大きな舞台で抜いて抜かれてという戦いのなかでは、“怖さ”と“絶対にやってやる”という気持ちの葛藤もある。

それに立ち向かうことの意味は、勝った瞬間にわかるものなので、それを経験してもらいたかったんです」
————————————————————————-
勝負に勝つことでしか分からないことがある…その通りだと思います。

苦しくても壁を乗り越えた先にある素晴らしい景色を観れる者、苦しさに敗れていつまでも暗闇しか観えない世界でもがく者、その差は意外と紙一重かもしれませんね。

井村さんが厳しいのは、選手たちへの無償の愛情あってこそです。
それを体罰だーと叫んでいる方には、一生理解できないでしょうが。

綺麗事で物事なんて解決しません。
泥臭くても懸命にもがいた先に、新たな可能性が見えてくるんですから。

私も井村さん同様に、私なりの「突き放す優しさ」で、塾生たちに無償の愛情をかけていこうと思います。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ