トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > 全国の英会話スクールの指導者の皆様を敵に回すつもりはありませんので、ご容赦を。

全国の英会話スクールの指導者の皆様を敵に回すつもりはありませんので、ご容赦を。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ウチの塾では小学生対象に英検3級以上を取らせるためのSUPER ENGLISH PROJECTを始めていて、多くのお問い合わせと入塾がありました。

それはそれでありがたい話として、今日は個人的に思うところを。

小学校でも英語教育が本格的に始まり、英語に興味を持つ、英語ができるようになりたい小学生が増えてきたことは良いことです。

確かに、英語が早い段階から習得できるチャンスが到来してきたのは大きいです。

時代が目まぐるしく変わる情報化社会・国際化社会では、英語ができなければ、人生にも大きな影響が及ぶ方もいるでしょうし、英語をモノにして自分の夢を実現できた方も多いことでしょう。

ですがその前に、国語ができるようになるべきです。

日本人だからこそ、世界に向けて美しい日本語を発信すべき…という大きなことを言いたいのですが、それ以前に深刻な問題が…。

文章読解力がなくて、なんと数学や理科の文章問題の問題文が理解できない子が…。

でも、英語だけは絶好調です。

プリスクール上がりの子というのもありますが。

まだ中学生の本人は英検2級を取得していますが、なんとそれ以外が壊滅的状況という…。

英語ができるのは素晴らしいのですが、まずは日本語を理解することが先決だと私は思います。

学校のテストや入試の問題文が読めずに自爆するだけでなく、大学で卒論をつくるときに参考文献の意味が理解できない。

就職して社会に出て会社に入って、多くの文書や企画書などに触れたとき、いくら英文で書かれていても、内容が全く分からない。

それでは、生きていくうえで大変な不自由を被ります。

別に早い段階での英語教育は否定していませんので、お願いですので、日本全国の児童英会話教室の先生方は恨まないで下さいね(苦笑)

正しい日本語を、然るべき時期に学んでおくこと。

私も、塾業界18年目で今さら痛感させられています。

とはいえ、早い段階で英語ができるようになるのは、私も大歓迎です。

そのかわり、国語も算数もできるようになってね(笑)

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ