トップ > 塾長日記一覧 > 塾業界のウラ話 > おたくの塾の指導は1:1ですか?それとも1:2ですか…?

おたくの塾の指導は1:1ですか?それとも1:2ですか…?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「おたくの塾の指導は1:1ですか?それとも1:2ですか?」

かなり前の話ですが、とあるお母さんが入塾面談の際に言ったお言葉です。

要するに、1:1のマンツーマンでやってくれた方が、我が子の指導にかける時間も増えて結果が出やすいはず…と考えていらっしゃるのでしょう。

つきっきりで教えてもらった方が、我が子の疑問点も解消され、成績も上がりやすいと。

私が返したのは、そっけない回答かもしれません。

「ウチは1:10とかフツーですよ。個人差はありますが、成績も全員フツーに上がってますし(笑)」

お母さんは、黙り込んで終了(笑)

そういう答えが返ってくるとは、思っていなかったのかもしれませんね。

学力を上げるのに、1:1とか1:2とか、実は全然関係ないと思っています。

それを気にするには、中身を見ず体裁しか見えていない方です。

1:1とか1:2とか、成績アップや志望校合格に必要なのは、そういったものではありません。

幸い、ウチの塾はそれを理解されているお父さんお母さんが多くて、救われています。

分からないことがある塾生には教える。

ある意味、当たり前に見えることです。

しかし、塾生本人の自立という観点で見れば「分からなかったらすぐに教える」というのは、塾生の主体性を奪ってしまう可能性があるわけです。塾生自身が悩む時間や自分で調べる時間がないというのは、まったく本人のためになりません。

もしこのような環境に慣れてしまうと、「分からないことは誰かが教えてくれるもの」という常識が身についてしまい、自分自身で考えることや自分の力で解決するという発想に乏しくなってしまいます。

塾生の自立性を養うためには、塾生自身にしっかり考えさせ、自分の力で答えを導き出させる機会を意図的につくることは、とても重要なのです。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ