16年前のドラゴン桜が教えてくれた子育ての在り方から、完全に逆行してきた現代を見つめつつ。

2005年にTBS系で放映された東大現役合格への落ちこぼれ高校生たちを描いたドラマ「ドラゴン桜」から早16年、今度は時代に即しての新しいドラゴン桜のドラマが放映され始めました。

池井戸潤先生の代表作:半沢直樹シリーズ臭の演出があちこちで成されているので違和感を感じた方も多いようですが…。
ウチの塾でも、前作のドラゴン桜の名言を教場内に貼り出したりと、十分に役に立てさせてもらっているわけですが。。。

最近まで丁度再放送もやっていましたので、そのワンシーンの中で、桜木弁護士(阿部寛さん)が井野先生(長谷川京子さん)に放ったフレーズは、ウチの塾の指導の根幹を成しているものですので、ご紹介します↓

「いいか、いい教師ってのは、今は生徒が今はできなくても、できるようになると信頼して、最低限のサポートをすることだ」
「あとは生徒の自立に任せられる教師だろ。生徒たちを甘やかさず、そのかわり、少し努力すれば乗り越えることができる壁を用意してやる」
「そして、奴らが自分で考え、自分で決め、自分で行動する自立心を育てていく」

ほとんどと言っていいほど、村上の考え方や方向性と被りますね。
ウチの塾生は、手を加えるのは最低限度、あとは自分でトライアンドエラーを繰り返して、己の見識と経験値を身を持って学んでいく。それが最短にして最良の方法であると確信しています。

しかし、この16年間で、子育てにおいて、時代は完全に逆の方向に進んできたことを、最近ではイヤでも感じさせられます。

先述の桜木弁護士の言葉とは逆行して、子どもをいかに大切に守りながら(悪い意味で)、親の過保護も横行して、必要以上に子どもに干渉して子どもを自分の思い通りにさせようとする親御さんが増え、子どもはそのレールに乗っかって、個性を大切にする教育という名のもとで育った苦労知らずの個人主義者が台頭し、ついには子どもが悪いことをしても親が子どもを諫めるどころか学校の先生に怒鳴り込みに行く…という社会構造ができあがりつつあります。

道理で、今どきの親子についていけない年輩の教員がどんどん辞めていって、果てはメディアで散々報道されている教員不足という事態…もとからブラックな職場であったことを加味しても、それでも教員が辞めていくのは理解できますし、その一因をつくっているのは、家庭教育の欠如であることは言うまでもありません。

子どもを大切に育てるのはもちろん重要なことです。
しかし、子どもを大切に育てるというのを過度に守らなきゃと思ったり、甘やかしたりすることを優しさだと履き違えるなど、親の社会的未熟さも受け止めて改善していかなければ、この先の日本は社会に対しても人に対しても無関心が横行して、社会構成が破綻していくだけです。

ウチの塾生は、ほっといてもしっかり上位の結果を出してくる者が多いです。
他塾さんよりもリーズナブルな授業料体系なため、たまに入塾希望のご家庭から不思議がられることもあります。

手をかければかけるほど、金をかければかけるほど、子どもは良くなる?んなわけありません。
経済主義や思想に持ち込みたい方の幻想でしかないですね。教育の本質はそこではない。分からない方には分からないと思いますが。

さて、明日は半年ぶりに復活する、塾生向けの村上からのマインドセット講座「賢者になるための人生最適化計画」のライブ配信に向けて、準備を着々と進めています。

学力だけあれば、何でも許される。何をしても許される…などという低俗な倫理観の人材を世に出さないためにも、先を生きる者として伝えるべきことを伝えていきたいところです。

先日も入塾のご相談を数件頂戴しましたが、申し訳ないですが、現時点ではお断りさせてもらっております。
西船橋工房は欠員が発生次第の追加募集となりますので、入塾を希望されるご家庭は、入塾予約を受け付けております。ご相談下さい。

稲毛駅前工房も、全学年で残席はあと1席となりました。
学び放題のプレミアムコースでお子さんに学習習慣を身につけさせるため、塾生ひとりひとりにいつでも使える専用席を設けているため、そんなに簡単に空きが出ません。こちらも満席になりましたら、入塾予約を受け付けることになりますので、入塾をご検討のご家庭はお急ぎ下さい。

西船橋工房から徒歩10分のAQURAS 2ndブランド塾「自分史上最高の自分を創る学習塾PRECIOUS」も残席はあと5席です。こちらのサービス提供内容もAQURASと同様ですので、今すぐにAQURASに入塾させたいご家庭はお急ぎ下さい!

—————

塾長:村上からの子育てコラムやAQURASのお得な情報をいち早く欲しい親御さんは、LINEの友だち登録をお薦めします↑H.Pでご案内することはない、LINE友だちだけの特典あります☆彡

—————

お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ