トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > 残念ですよ、両親がいっしょになって叱るのを正当化している親御さんの存在が。

残念ですよ、両親がいっしょになって叱るのを正当化している親御さんの存在が。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

一見、両親がいっしょに子どもを叱ることは、望ましいように思われます。

両親の価値観が違っていては、子どもはうまく育ちません。両親そろって、子どもに対して同じ価値観で接することは、とても重要なことです。

それでも、子どもを叱るとき、いっしょに口を揃えて叱ってしまうことは得策ではなく「愚かな」行動です。

お父さんとお母さんは、時に立場を変えて、それぞれが別の役割を果たした方が子育てにおいてはうまくいくことが多いんです。

お父さんから厳しく叱られた子どもは、お母さんを逃げ場として心を癒すことも必要です。その逆も然り。子どもにとって、逃げ道や癒しの場は大切です。

「悪いこと」を「いいこと」にすりかえるのではありません。
叱られたことの非は非ですが、心のケアが必要なんです。そのために役割の分担をしたいものですね。

子どもに逃げ場を与えない叱り方は、ときに深く子どもを傷つけ、立ち直りの機会を奪うことになってしまうことを、読者の皆様にも知っておいてほしいです。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ