トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 「出る前に負けること考えるバカいるかよっ!」(再アップ)

「出る前に負けること考えるバカいるかよっ!」(再アップ)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2011年4月10日、中野サンプラザで行われたプロレスの試合の公開インタビューで、事件は起こりました。

橋本 真也・蝶野 正洋組との試合前に、アントニオ猪木さんにインタビュアーが「もし負けるということがあると、これは『勝負は時の運』という言葉で済まないことになりますが」と質問したため、激怒した猪木さんが

「出る前に負けること考えるバカいるかよっ!」

と発言&強烈な張り手をするんですね、これが…。
たぶん、メチャクチャ痛かったことでしょう。私は死んでも食らいたくない(笑)

猪木さんの言ってることは、本当にその通りだと思います。
私も塾生から「絶対ムリ」とか、勉強面で言われます。

部活で大会とかでもそうですが、例えば初戦で優勝候補とぶつかり、ほぼ勝ち目のない試合だとしたら、どうするんでしょうか?

一番早いのは、勝てる見込みがないなら、「棄権」すればいいのに。
それが一番手っ取り早い。敵前逃亡ってヤツですね。

それを塾生に言うと、さすがにそれはしないと言い出す。
そんなことをしたチームとか選手を見たことがない…と。

ところが、勉強になると敵前逃亡が続出。部活と同じなのことなのに。
道理で、あきらめの悪い塾生ほど、良い結果を出してくれるわけです(笑)

勝てるかどうかなんて分からない。
不安だから一生懸命練習する。

意外に、ミラクルが起きることもありますよね。
相手のエースが試合前日に負傷とか、体調不良とか、予期せぬアクシデントで足がもつれて転んだとか…意外と、世の中捨てたもんじゃないです。

勝てないと分かっていても、みんな部活の試合なら頑張る。
ひょっとしたら、奇跡が起こるかも…って信じてるからですよね、心の底では。

それと同じことをすればいいだけ。
勉強を奇跡で片付けられては困るけど、まずは当たり前の事を精一杯頑張る。

そして、闘いの前から負けることなんて考えなくていいいんです。

お父さんお母さんが、頑張っているお子さんに声掛けできることは、結構たくさんあるものです(笑)

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ