トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > 褒めもしない、けなしもしない、ほっとけば全部解決します。手を出すからダメなんです。

褒めもしない、けなしもしない、ほっとけば全部解決します。手を出すからダメなんです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

夏期講習の問い合わせが後を絶たず、毎日のブログに相当時間を取られているせいで、なかなか講習準備に手がつけられていない村上です。

 

 

言い訳せず、少しでも早く塾生たちに時間割を配布できるよう頑張ります。

昨年の夏期は西船橋だけでしたが、今年から稲毛もあるため、余計にシャキッとしなければ。

 

 

ここ最近、入塾面談に来てくれるご家庭に、一定の共通項があります。

 

 

それは、目先の点数や成績アップよりも、「子どもが自分の頭で考え、自分から進んで勉強できる子になってほしい」と願う親御さんが以前より増えたことです。

 

 

ウチの塾のH.Pや、私のブログで散々そういったことを書きたててきたからと言えばそれまでですが、目先の点数ばかりに固執して先見性が全然感じられない世の親御さんが相変わらず多い中で、ちゃんと子どもの将来と人生に向き合い、我が子に強く生きる力をつけさせたいと願う親御さんが、こんな子どもに対してのエゴまみれの世の中でも、きちんといらっしゃるんだなと思うと、感慨深いものがあります。

 

 

子どもは、親の所有物ではありません。

みんな、そこを勘違いされています。

 

 

確かに、血はつながっているかもしれません。

ですが、考え方や性格は親と瓜二つではなく、子どもは別個の「個体」でしかないんです。

 

 

それを親が「私のDNAを受け継いでるから!」と子どもに過干渉するものだから、親子関係がこじれていることに、未だに多くの親御さんが気づいていません。それでいて「塾長、何とかして下さい!」とか言ってくる。ムチャクチャです。

 

 

この数日間、そんな質問電話が私のもとに相次ぎました。

どうしたらいいんですか?教えて下さい!と親御さんたちから聞かれました。

 

 

私は「何もしなくていいです。むしろ、何もしないで下さい」「褒めもしない、けなしもしない。ほっとくこと、それが最高の解決策です」と回答させてもらいました。

 

 

読者の方の中でも、分かる方には、私がこういった理由がお分かりでしょう。

逆にお分かりにならない方、考えてもらってそれでも分からなければ、私まで連絡下さい。知りたい方は教えます(笑)

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ