トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > 旅人のコートを脱がすなら、北風より太陽ですよね。

旅人のコートを脱がすなら、北風より太陽ですよね。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

他塾さんより一足遅れて、ウチも夏期講習が始まりました。

塾生以外の外部申込も多かったので、今回はお断りする結果になったご家庭もありました。

ご希望通りに受け入れることができず、申し訳ありませんでした。

都内の大手進学塾で英語科講師として、自分のクラスの生徒を早慶附属やMARCH附属の高校に送り出していた時代は、「オレがおまえらの人生を良くしてやる!だからオレについてこいっ!!!」というスタンスで、生徒全員に向き合っていました。

そんな昔の教え子たち(今となっては全員立派な社会人になっていますが)と呑みに行くと、最近は特に言われます。

「先生、丸くなりましたね。以前はすっごく熱い先生だったのに」

ウチの塾生からは、相変わらず熱い存在らしいです。なので、もし今の塾生たちに、今の自分を引き合わせたりなんかしたら、恐らくは誰もついていけないレベルなのかも…とか思ったりします。

別に、熱くなくなったわけではありません。

自分が熱くなったところで、塾生が自分から変わらなければ意味がない…と気づいたからです(笑)

親御さんにも、同じことが言えます。

お父さんお母さんが、どんなにお子さんのことで熱心になって、塾選びや教材選びや行かせたい高校・大学選びをしたところで、お子さん本人にその気がなければ、結局、無意味なのです。要するに、空回りです。

お子さん本人が自分の意志で決めて、自由にやらせて、そのかわり自己責任を取らせる。

それが、お子さんが成長する最短経路なんだなと、17年間この仕事をしていて確信しました。

なので、今は私が過度に熱くなる必要はないのだなと。
時代は、どんどん変わっていきますね(笑)

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ