トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > お子さんを「見守る」上で、押さえておくべきこと。

お子さんを「見守る」上で、押さえておくべきこと。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

当塾は、基本的にお子さんに対しての親御さんのスタンスに関して、「見守ってほしい」とお願いしています。

お子さん本人の自主性を最大限に高めさせた方が、成績上昇も比較的早いからです。

とは言うものの、親御さんが黙って見守っていることを理解しようとせず、親が言わなくなったから好き勝手やっていいんだと勘違いしている塾生を、先日、私から一喝し、徹底的に叱りました。

自分がこうして自由に勉強できるのは、親の理解があってこそ…の認識には、残念ながら自分から気づくことはできなかったようです(というよりは、親から与えられて当たり前で、自分で気づこうとすらしなかった…と言うべき)。

親御さんに常々見守ってほしいとお願いしていますが、こういったお子さんに非がある場合は、私も遠慮なく指摘します。

その上で、親御さんが押さえるべき点は、以下の通りです。
親御さんの子育てにおける心の状態を、少しでも軽くできればと思い、載せてみます。

○人は人を変えることはできません。
(変えられないことに気づき、無駄な苦しみを味わいます)

○人間というものはそもそも他人に強要されるのが嫌いな生き物です。

○勉強をさせようとすればするほど、勉強が嫌いな子どもになります。

○親が(無理に)やらせようと思った順番に、子どもは嫌いになっていきます・・・その順番の第1位は、99% “勉強”なんです。

○一番大事なことは、自分にあった生き方を、自分で見つけること。
(親が強要するものではないこと)

私も長年この仕事をしていますが、伸びなかったり、潰れてしまうお子さんに共通しているのは、親御さんが口うるさく、子どもに自分を価値観を押し付けてしまうケースがほとんどです。子ども自身に決めさせて自由にさせた子の大多数は、着実に伸びていくものです。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ