トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > ポジティブな言葉をかけること、それが子どもの自信を育んでいくのです。

ポジティブな言葉をかけること、それが子どもの自信を育んでいくのです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

「怒らない子育て」をすると、どんなメリットがあるのか。

それは、子どものセルフイメージを上げていくことができる点です。

何かあったときに「自分は頑張ればできるんだ」と思える子どもになるか、「どうせ自分はやってもダメなんだ」と思う子どもになるか、接し方や言葉のかけ方によって、大きく変わってくるものです。

「自分は頑張ればできるんだ」というセルフイメージをしっかり自分自身で持てるように、普段からポジティブな言葉のかけ方や接し方をすることは重要です。

ですから、私は子どもによく言葉を投げかけます。

言っても分からないだろうと思わずに、難しい話でもできるだけ分かりやすく言うようにしています。

心に響いた言葉が大人になって、あのときお父さんがこう言っていたな…とか、こういうことが言いたかったんだな…とふとした瞬間に思い出してくれたらいいなと思いながら、私は話をしていきます。

普段からポジティブな言葉がけや接し方をすること。

その言葉を子どもは栄養素として受け取り、自信を育んでいくはずです。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ