トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 100点という結果は、コントロールできません。

100点という結果は、コントロールできません。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

人間って、間違った約束をしたがために、それがイライラや怒りの原因になっていることがあるんです。

「この子はちっとも約束を守らない」

とイライラする前に、約束の仕方が間違っていないかを振り返ってみてはいががでしょうか?

例えば、あなたのお子さんと勉強の約束をするとき、「次は100点を目指そうね」などと約束していませんか?

私たち人間はいつも、結果に注目してしまいがちです。

ある小学生の塾生は、毎日遊んでばかりでちっとも勉強しませんので、テストの点数も良くありません。

お母さんはいつも「どうして良い点が取れないの?」と怒ります。

怒られた塾生は「次のテストで良い点取るから」と約束します。

でも、残念なことに結果は同じことで、お母さんは再びプッツンすることになります。

お母さんもプッツンする前に、そもそも約束の仕方が間違っていないか、考える必要があります。

約束は、自分でコントロールできるものでなきゃダメです!

次のテストの問題も平均点もどんなものか分からないのに、「良い点(100点)を取る!」という目標では、努力しても達成することができません。

約束するなら、「毎日宿題は必ずやってお母さんに見せる」とか、「漢字の練習を毎日1ページやる」という目標にすればいいと思います。これなら、その日に約束が守れたかどうか、達成できたかどうか、本人もお母さんも分かるはずです。

その結果、テストで100点を取れるかもしれません。

コントロールできない「結果」についての約束ではなく、コントロールできる「結果までの過程」を約束するようにして下さいね。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ