トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 自分をダメにするゲーム機とソフトを全部塾に突き出した漢気溢れる塾生に乾杯☆彡

自分をダメにするゲーム機とソフトを全部塾に突き出した漢気溢れる塾生に乾杯☆彡

今日はシビれるくらい塾生が男前だったので、ちょっとその話を。

昨日親御さんも含めた稲毛駅前工房のゲーム狂いだった中学生が「次のテストは5科440点を獲る!」と宣言して、断酒ならぬ断ゲームということで、自宅で使っていたゲーム機とソフト一式を紙袋に入れて教室まで持ってきました(笑)。

懇談のときに、私から本人をその気に仕向ける話をしたのはありますが、本人も私に嵌められて散々ゲームへの誘惑と葛藤した挙句、結局、誘惑を振り切って本人の命より大切な毎日使い倒していたゲーム機を持って、まさかの塾へご提出とは…なんか、高齢者の運転免許証返納みたいな展開…。

スマホ脳やゲーム脳に犯された子を、学業に向き合わせるのは決して簡単ではなく、本人にも相応の覚悟を迫ることになるわけですが、今回の塾生は本当に男前というかカッコよさ全開でしたね。

真の漢なら、決めたことは必ずやる!という己の信念と人生への覚悟の現れというか。
恐らくは今後も事あるごとに誘惑と闘うことになりますが、塾生自身の潔さと決意に対して、ひさしぶりにここまで清々しい光景が見れたなーと。素晴らしく気持ちいいですね。

思考や行動は、自分自身のマインドを変えることでしか変わりません。
私もスタッフたちも、あくまでも塾生の背中を押すために気づくためのスキームを粛々と構築していくだけのこと。

コロナショックにより、中下位層がどんどん堕落して劣化していき、果てはスマホやゲームに犯されて奈落の底に転落していく子は身近にたくさん見るようになりました。恐らくは変わることなく、このままダメになるだろうと確信せざるを得ない落ちぶれていった子も。

学力構造の二極化は一段突き抜けてしまい、もはや埋められない差や再起不能の状況を生み出している中で、昨日の塾生の決断と覚悟は、私から見たら清々しさ全開。

これで気持ちよく行きつけのBarのカウンターで一杯しながら、マスターにこの男前の塾生の自慢話を肴に美味しく一日を締めくくることができそうです(笑)。

小学生対象:スーパーキッズ秋の大体験学習会、日数は少なくなっていますが、希望されれば12月に入っても授業を受けてもらうことは可能ですよ。
ぜひご検討下さい!

>スーパーキッズ秋の大体験学習会の詳細はこちら

今後、飛び級学習の重要度は増すばかりです。
ウチの塾のお家芸となる飛び級で、あなたのお子さんをガツンと鍛え上げて伸ばしていきますよ。ぜひご相談下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ