トップ > 塾長日記一覧 > 村上の子育てセミナー > 男性と女性の解釈の違いから、何が正解なのかが見えてくる。

男性と女性の解釈の違いから、何が正解なのかが見えてくる。

今度の土曜と日曜の各日で、西船橋・稲毛駅前の2教室で、しばらくぶりに村上の子育てセミナーが開催されます。

>村上の子育てセミナーの詳細はこちら

土曜は15:00~西船橋での開講、日曜は14:00~稲毛でそれぞれ2Hの開講となります。
今回開催の受付はまだしておりますので、受講を希望される親御さんはお早めにお申し込み下さい。

さて、今日は村上自身の思うところについて徒然と。。。

世の中に出回ってる教科書やマニュアルというのは、正解を示しています。
正しいやり方が書いてある…ということですね。

もちろん、それはそれで必要なものです。
…が、実は、それを読んでも正解には辿り着かないことが多いんですよね。

それは、何故なのか…?

それは、正しいやり方を知ったとしても、誤解したり、早とちりしたりして、正しい方向に進めないことが多々あるからです。

現実には、ゴールに向かう途中で、まぎらわしい道というのがたくさんあって、正しい道を辿っているつもりでも、別の道を進んでしまうことはよくあります。

もしくは、早くゴールに行きたいと思って、ズルをして近道を進もうとする人もいます。
でもその近道が罠になっていて、ゴールに辿り着けない。。。

例えば、男性は女性の話を聞かない…と女性から言われることがよくあります。
「女性から好感を持ってもらいたければ、女性の話をよく聞きなさい」と諭されるシーンもしばしば目にします。

そして、そう諭された男性は「そっか。話を聞くんだったな…」と意気込むんですが、すぐに話を遮り、女性にアドバイスをしてしまう…話を聞かずに、逆に女性に対して話をしてしまうんですよね。。。

どうして、こういったことが起きてしまうのか…?
それは、男性が性格が悪いから…というわけでもありません。

男性の頭の中では『話を聞く=解決する』となっているからです。
「女性の話を聞いてあげなさい」というフレーズは、「女性の悩みを解決してあげなさい」と解釈されていることが多い。

正しく諭したとしても、相手は自分なりに解釈して行動を変えてしまう…だから、正しい結果にならないということ。そんなことは多くあります。

人に何かを教えるときというのは、正しいことを伝えるだけでは、全くもって不十分なんです。

間違ってやってしまいそうなことを指摘し、「こんな感じに解釈しちゃダメですよ」と予め伝えなければなりません。そうすることで、初めて相手が正しい行動をとることができるというものであり、それが「教える」ということです。

正解よりも、間違っている道を指摘する方が大事であることを、私自身も肝に銘じないとな…と改めて思います。

>ダラダラ生活を矯正する冬期講座’2020はこちら

さて、1円もムダにしない冬期講座の受付を開始しています。
12月に入りましたが、H.Pには敢えて書かないお得な特典をご用意しています!申し込まれたご家庭すべてへ、村上からのクリスマスプレゼントをご用意しております(笑)

申し込みはお早めに☆彡

——————–

「親御さんの悩みをリアルにその場で回答し、その場で解決する」村上の子育てセミナー

西船橋は12/19(土)15:00~17:00にて、稲毛駅前は12/20(日)14:00~16:00での開講を予定しております。
お母さんだけでなく、お父さんもウェルカムですよw

「子どもがコロナになってから、全然勉強しなくなってしまった」
「子どもの成績がさらに落ちて、どうしていいか分からない」
「子どもの通っている塾のやり方が合っていないのではないか?」
「高校受験まで時間がない…どうしたらいいか教えてほしい」

などのアドバイスも致します。

>村上の子育てセミナーの詳細はこちら

参加希望の方は「最新・更新」ページのお問い合わせフォームよりお申込下さい!

——————–

お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。

QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ