トップ > 塾長日記一覧 > 市立千葉高スタッフのブログ > 暦は春になりましたね

暦は春になりましたね

こんばんは!市立千葉出身で学力再生工房AQURAS 西船橋工房 教務スタッフの大塚です。
気がつけば立春がすぎ、暦上は春を迎えましたね。今年の立春は124年ぶりに2月3日だと話題になりましたが、つぎは2025年に2月3日が立春になるらしいです。思ったより近いですね。
地球の公転周期の影響を受けてると思うと面白いですね。

先日、同じく市立千葉高校出身の加瀬さんが、私立の併願校や目指したきっかけなどのお話を買いていたので、今回は私が市立千葉高校を目指したきっかけを書こうかなと思いますー。

私が本格的に市立千葉高校を志望したのは中学3年になってからでした。それまでは千葉女子高校に入学できればいいかなーなどと軽い気持ちで進路を考えていたんです。勉強がそんなに好きじゃないですし(笑)
でも、両親は違う考えを持っていたため、私は色んな高校の文化祭や説明会へ友達やお母さんと一緒に行ってどんな高校があるのか知るようになりした。
そこで、校舎などの施設設備やコースについて知るようになり、市立千葉高校の理数科に興味を持ったのが最初のきっかけでした。

そして私が在籍するとき、文部科学省のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の第二期に指定されていたというのは以前も書いたのですが、それも大きな要因になりました。国からの補助金ってすごくないですか?(笑)
実際どのように使われていたのか、詳細は先生のみぞ知るですが(笑)

もともと理数科目が好きで(文系科目は苦手でしたが)実験ができるような学校には興味があり、SSHに指定され、理科4科目(物理、化学、生物、地学)のそれぞれで実験室を有する市立千葉高校はとても魅力的に感じました。あと校舎が新しくて綺麗(笑)

こんな感じで市立千葉高校がいいなと思うようになり、なんとか合格して無事卒業できた今となっては遠い昔のようです…。出願時に書いた志願理由書にはなんかもっと志望動機をいろいろ書いた思うのですが、思い出せないので、思い出した時にまた書こうと思いますー

以上、今回のスタッフブログは大塚が更新しました!
次回はどんな内容か楽しみですね!

——————–お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。

QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ