トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 諸行無常の響きあり。時間の問題で、教育だって変わってゆく。

諸行無常の響きあり。時間の問題で、教育だって変わってゆく。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

学習塾という業界に入って18年経とうとしています。

この間に、世の中の流れは「No.1を目指す」から「Only 1」を目指す少子化に沿った形になり、民間教育の流れも集団指導から個別指導へと変わってきました。

私が中3受験直前の頃、業者テストとか偏差値が問題になって廃止の方向で事がどんどん動き、そのままゆとり教育に突入、そして今度は「ゆとり」から「生きる力を育む」とかお上が勝手にまた変えてくれて、完全に方向性が変わってしまい、学力層も完全に二極化、勉強への意欲も完全に二極化してしまいました。

この間に、塾という場所も「真に自分の人生を懸けて勉強をする学び舎」と「子どもや保護者に迎合するサービス業としてのお店」に二極化してしまい、サービス業と化した塾はわがままやクレームが絶えなくなって現場が疲弊しています(ある意味、塾の自業自得ですが)。

この仕事が長いせいなのか、私には今から近い未来が見えてしまいます。

センター試験が廃止となるこの先の未来、偏差値だけでなくロジカルシンキングなどができる強力な学力もまた「個性」として扱われていくでしょう。

そして、きっちり勉強する25%の子どもたちと、勉強への意欲なくその日その日の楽しみと娯楽だけで終わってしまう75%の子どもたちへと、さらに二極化が進むでしょうね。

先日、たまたま偶然電車の中で、今も相変わらず深い付き合いのある元教え子の女性に出くわしました。彼女は、かわいいお子さんを抱っこしていて、とっても幸せそうです。

私が彼女を指導したのは、今から15年前。彼女が中3のときでした。

そして彼女の子どもが中学生になるときの教育は、彼女が中3だった頃と同じことは絶対にないわけです(笑)

その頃は、世の流れはどうなっているのか、誰にも分かりません。
もちろん、その頃まで私が生きてられるかどうかも(爆)

でも、彼女の子どもが大きくなって立派に成長していく姿を遠くから見ていたいという気持ちはありますね。私もここからの人生、きっちり健康管理に気をつけます(笑)

予知能力はありませんが、推測できる未来はこれからもたくさん出てくると思います。
そういった未来を塾生たちに伝えていくためにも、私も感性を磨いておかないとかな。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ