トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > エメラルド色の美しい海、その裏側の景色は…。

エメラルド色の美しい海、その裏側の景色は…。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

お盆休みが開けて、今日から夏期講習も再開です。

お盆休みの間、静岡県の最南端にある下田市に滞在していました。今年の年末に予定する冬合宿の宿の選定作業のためです。

東京から特急踊り子で約3時間、終点の伊豆急下田駅しか駅前が栄えていないのですが、さらにはバスの本数も少ないため、結局、レンタカーであちこちの宿を下見で飛び回ってました。

伊豆方面は交通の便が悪く、車だと車線が少ないため、夏の行楽シーズンはすぐに大渋滞に巻き込まれます。熱海までは海水浴客がとても多く、JR線の終点である伊東もそれないに多いのですが、そこから先、伊豆急行線に入ると、一気に人混みが少なくなります。

下田から隣にある南伊豆町には、沖縄顔負けのとてもきれいな海が見られます。
特に、ヒリゾ浜(右側の写真参照/一応、塾長撮影)のような船でしか行けない場所は、知る人ぞ知る、最高のリゾートです。

そのかわり、夏の海水浴シーズンは混む反面、冬は閑散期になるのも確かです。

下田市は観光産業がメインで成り立ってる街なので、観光自粛の動きがあると、経済に大きな影響が出ると聞いています。人材の流出も激しく、人口減少も歯止めがかからないそうです。

どんなに豊かな自然があっても、それを支える人たちの力は不可欠です。
特に地方はこれから一層人材確保が難しくなってくるのかもしれませんね。

冬の合宿でお世話になる宿に、しっかり宿泊利用料を献上して、微々たるモノに過ぎませんが、下田市の地域経済に貢献できればと思います。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ