トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > なぜテスト前に「全然勉強してない」アピールをするのか?

なぜテスト前に「全然勉強してない」アピールをするのか?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

これを読んでいるお父さんお母さんも、学生時代によく見かけたのではないでしょうか。

あるいは、あなた自身もやっていたという人もいるはずです。テスト当日の朝の教室でこんなことを言った覚えはありませんか?

「きのうはTV観てたから、全然勉強してないんだよな」

「部活忙しくて、大して勉強してないんだぁ」

などと言う者が、あなた自身やあなたの周りにもいたりしませんでしたか?
どっちも典型的なセルフ・ハンディキャップピングです。

万一、テストの成績が悪かった場合のために、TVを観ていて受験勉強ができなかったとか、部活が忙しくて十分な勉強ができなくて今日も実力が発揮できそうもないというように、自分のハンディをアピールしているだけに過ぎません。

友人とテニスをやるときに「最近やってなくて久しぶりなんだ。もう2ヶ月やってない」などと久しぶりだということを強調するのも、万一ヘタだったときのために保険をかけているんです。

友人同士でスキーやスノボに行くにしても「まだ3回目だから、ほんとの初心者でなかなかうまく滑れないんだ」と、一方が初心者であることをアピールすると、もう一方も「私も何回か行ってるけど、ここ数年やってないから、ブランクが長くて初心者みたいなもんだよ」と、ブランクが長いことをお互いにアピールし合っている光景は、単なる傷の舐め合いにしか見えません。

これも、お互いが万一相手と比べて自分があまりにヘタだった場合のために、セルフ・ハンディキャップピングという保険をかけているだけなんです。

このようにして、人からネガティブな評価を受けて傷つかないように、必死の自己防衛をしているのが人間なんでしょうね。

でも、それを越えなければ、輝かしい栄冠と勝利は見えてこないんです。

塾生に、今までの人生で見たことのない素晴らしい景色を見せてあげたい。
そのために、私は塾生からどんなに悪口や文句を言われても、立ちはだかっていきます。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ