トップ > 塾長日記一覧 > 市立千葉高スタッフのブログ > 市立千葉高校を目指したきっかけ(尼形)

市立千葉高校を目指したきっかけ(尼形)

こんにちは。西船橋工房 スタッフの尼形です。
今回は理数科OGの大塚さんに引き続き、市立千葉高校理数科出身の尼形が更新を担当します!
(下の写真は男子ソフトボール部の普段の練習時の写真です)

今回は自分が市立千葉高校を目指したきっかけについてです。
大きな理由はおもに2つあり、1つは市千葉の特色である理数科、もう1つは(校内でも)あまり知られていない部活動についてのきっかけです。

1つ目のきっかけは理系の学術を学びたいと中学生の時に思っていたため、この学校を目指すことにしました。
市立千葉高校の理数科がSSH(Super Science High school)の認定校に指定されていたこともこの高校を選んだ要因の一つでした。
市立千葉高校に入学した後は思っていたよりもハードな高校生活(1日7時限授業、1年次のfield study,2年次の課題研究&海外研修
各種研究発表会.etc)が待ち受けていました。なので、気軽に理系を学びたいという気持ちではなく並大抵の高校生よりも本格的に
化学、物理、生物、地学を学びたいと思っている人の方が向いているとOBながら強く感じました。(苦笑い)

2つ目のきっかけは千葉県内に4校(入学当時)しか設置されていなかった男子ソフトボール部があったため、この高校を選ぶことにしました。
もともと中学までは野球部に所属していたのですが、そこまで活躍できていませんでした。ですが、中2の頃に塾長からソフトボールのピッチングを
教えてもらったことでソフトボールに興味を持つようになり、男子ソフトボール部がある高校を選ぶことにしました。
男子ソフトボールは野球よりもかなり短い塁間で、強い打球が飛んでくるスピード感の凄い競技なのでかなり楽しいスポーツだと思います。
(このブログを見ている市立千葉志望の方は、ぜひ男子ソフトボール部への体験入部をお願いします!)

市立千葉高校を目指したきっかけについての話はここまでとします!
今回は尼形が担当しました!
次回は市立千葉出身の加瀬さんの更新予定です!次回をお楽しみに!

——————–お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。

QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のある

ときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんま

でとさせて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ