市立千葉高校の文化祭について

こんにちは。西船橋工房 スタッフの尼形です。
今回は理数科OGの大塚さんに引き続き、市立千葉高校理数科出身の尼形が更新を担当します!
今回の記事では市立千葉高校の文化祭について書こうと思います。
(下の写真は文化祭当日の校門の様子です)

市立千葉高校の文化祭
市立千葉高校の文化祭は夾竹桃祭と呼ばれており、毎年7月の夏休み前に行われています!
催し物は各クラスごとに1つの出し物、文化部による各種演示実験や演技が行われており
特にダンス部の演技は毎年かなりの盛り上がりを見せています!

各クラスごとの出し物は1,2年生の各クラスでお化け屋敷やテレビ番組を参考にした
参加形式のアトラクションなど、工夫を凝らした出し物が毎年作られています!
3年生は主に演劇を行っており、ドラマや映画などのテーマからオリジナル要素を取り入れた
独自の劇が毎年各クラスで創作されています!

ちなみに自分が属していた理数科では1年次と2年次にゲーム+売店の展示を行い
3年次には昔ばなし(おむすびころりん)をアレンジした劇を行いました!
市立千葉高校の行事の中でも特にクラスの協力が必要となり、お客さんを呼べた分
終わったときの達成感につながるので個人的にとても楽しかったイベントでした!
(文化部に入っている人はクラスの準備と部活動の準備があり、大変ですが…)

市立千葉高校の文化祭についての話はここまでとします!
今回は尼形が担当しました!

次回は市立千葉出身の加瀬さんの更新予定です!次回をお楽しみに!

——————–お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。

QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ