トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 言葉で成績は上がる

言葉で成績は上がる

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

市原八幡工房のれいんです。

私たち学力再生工房AQURASでは、保護者様に勉強のことに関しては、何も言わないで下さいと伝えています。

しかし、保護者の方にお子様に対して何もするなということではありません。

保護者様には、子どもの内側に潜んでいる本音の部分に寄り添っていってほしいと言っております。

その結果お子様に「よし勉強する!!」となったらこっちのものです。

今回はそんな子供たちのやる気を引き出す方法についてお話ししたいと思います。

最近は脳科学の研究が進んでおり、子供たちの脳についても研究が盛んになっています。
そうした研究の中で、子供を指導する上で参考になる研究が数多くあります。

そのなかで今回は、「プラス思考に考えること」をご紹介します。

「どうせ私が頑張っても結果が出ないんだ・・」と考えているお子様の成績はなかなか上がりません。

しかし、「がんばったらできる!」と思っているお子様のほうが成績は上がりやすいです。

では脳の中のどこで、勉強にいい影響を及ぼすのか・・・・。

それは、A10神経という神経です。
この神経は、ドーパミンという快感を作り出すホルモンを出す神経細胞です。

勉強して良い結果が出ると気持ちがよくなる。
こんな時にA10神経が活性化して、もっと意欲がわくようになります。

そして、そのためには保護者様には、子供たちにマイナスの考え方をやめていただかなければなりません。

それはなぜか・・・。

そのマイナスな考えが子供たちにも悪いイメージが付きまとい。悪い結果に結びつくことになります。子供たちに、「する」、「しない」という言葉をできる限り使わないでいてあげるだけでも変わってきます。

あわてないで→落ち着いてね
忘れないで→覚えておいてね

これだけでも子供たちのやる気は大きく変わります。

そしてこれが習慣化されれば、子供はプレッシャーなく伸び伸びと勉強できます。
そうした基礎の上にさらに上を目指せる計画を見せてあげます。
それだけで、子供たちは大きな変化が出てくるのです。
>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ