トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > テストに向けて指示を待っているようなら受験は勝てない

テストに向けて指示を待っているようなら受験は勝てない

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

市原八幡工房のれいんです。

市原では、定期テスト対策がいよいよ大詰めになってきました。

 

前回V模擬を返却した際に、どんな部分が自分にとって出来ていないところなのかを認識させていきました。

 

夏の今は、まだ偏差値は見なくてもいいのです。

まだ伸びる伸び白はあります。

 

しかし、その伸び白を作ってあげるためにも、今の自分の状況を知らなくてはならないのです。

 

報告会をしてから、生徒の意識がまた変わり始めました。

夏期講習が終わってから、少したるみ始めた気持ちも、理想と現実との差を知って、このままではいけないと思ったのです。

 

自ら単語帳を作るもの、過去問のコピーをするもの、自分よりもできる人たちと勉強するもの・・・。

 

もう受験まで時間がないとようやく気づき始めました。

 

前回のテストでは、範囲を指定されないと自ら進んで勉強できませんでした。

 

指示されてから勉強をすることは、自分一人では勉強できないと言っているのと同じなのです。

 

ましてやテスト前に、なにをすべきか把握できていないのはテストに対して意識が低いことと同じです。

 

 

受験までは、様々な支えがあります。しかし、受験本番は一人です。

一人で立ち向かう力が必要になるのです。

 

 

中学生までは、制限がある代わりに守られています。

しかし、その先にあるのは、自由の代りに責任が伴うことです。

一人で立ち向かわなければならないことが多くあるのです。

 

そのこととどう彼らが立ち向かってくれるのかをこれからも見守りたいと思います。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ