トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 「東大ダメそうだから諦める?その方がいいんじゃない、まだ時間あるのに敵前逃亡する奴が合格るわけないから」

「東大ダメそうだから諦める?その方がいいんじゃない、まだ時間あるのに敵前逃亡する奴が合格るわけないから」

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

世はクリスマス・イヴですね。
やっと塾長自ら更新できます(笑)

AQURASに通う高校生たちは、比較的上位の成績を取ってくる子が多く、中学生たちの良き見本となってくれています。

高校受験が終われば全部終わりだーと言って勉強をやめてしまう子もたくさんいる中で、ウチの高校生たちは本当に頑張っているなと改めて感じさせられます。

現在、高2で東大を目指している男子がいますが、直近の模試の結果は散々だったようで、うなだれて私の前に報告にきました。

現状でも千葉大はいい感じなんですね、でも、大学受験ほど合否判定がアテにならないものもないので、私は基本的には信用しません。当日取れるかどうかなんて、入試当日まで頑張らなきゃ分からないからです。

自信を失くして凹んでしまった彼が「東大諦めようかな…」とか言い出すので、いつも通り私は突き放しました。

「入試やる前から合格ムリとか思ってる奴が、合格ることはあり得んわな。その程度の覚悟なら、やめちまえ!」私なりの愛情表現です。

君ならできるよ!みたいな、表面上の優しさで言うことは決してしません。
表面的な優しさなど、他人はすぐに忘れてしまうからです。

みんな偏差値や判定に一喜一憂し過ぎです。
勝負はフタを開けなきゃ分かりません。

A判定で落ちた奴もたくさん見てるし、E判定からひっくり返して合格した子もたくさん見ています。
少なくとも、最初から諦めて敵前逃亡してる子に、勝利の女神が味方などしません。

受験というのは、学力の勝負である反面、忍耐力などの精神的な面での勝負でもあります。

自分を甘やかしてしまうお子さんが一時的に高校受験や大学受験で成功しても、社会に出てから成功することはありません。

情報化社会の中で、景気や雇用情勢は一刻一刻変わっていくわけで、常に変化し続けます。
成果主義や理不尽な人間関係などを含め、そういった変化に耐えうる強さを磨いて、幸せをつかめる子になるには、受験というのは人生の中で数少ない貴重な経験をできる場なんです。

それがレベルが高いとこだろうと、そうでなかろうと、逃げずに闘い抜く。
それを試されて乗り越えられるかが、私の最大の関心事。申し訳ないですが、結果はその次です。

ウチの卒塾生たちが人間的にたくましくなってから巣立ってくれるように、私自身も彼らのマインドセットに精を入れていきます。本当に楽しみです。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ