トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 「テストで満点を取ったら、ゲームを1時間30分してもいいことにしています」

「テストで満点を取ったら、ゲームを1時間30分してもいいことにしています」

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

そのやり方は絶対にダメです。
ゲームのために勉強するようになってしまうからです。

同じように、最悪のやり方について言っておきます。
多くのお母さんがやっていると思います。

それは、テストで良い点を取ったら、ご褒美におこづかいをアップしたり、モノを与えることです。
このやり方をしていると、子どもは勉強することに見返りを求めるようになり、何のために勉強しているかを見失ってしまいます。

将来、変な人間になってしまうでしょう。

勉強するのは、お金やモノをもらうためではありません。
自分を高めるためにするものです。

そういうところの軸を外さないやり方でモチベーションを上げないと、まがった人間になってしまいます。特に、小学生の子を持つ親御さんにとってこれは重要です。

小学生の子はよくこんな質問をするのかと思います。

「どうして勉強しなければいけないの?」

そんなときは、こう返して下さい。

「それは人の義務なんだよ」と。

例えば、犬は嗅覚などが発達していて、食べ物を探したり、危険を察知するために発達した感覚を総動員します。

これに対して人間は、そういった感覚の代わりに脳が発達したので、ものを覚えたり考えたりして生活していくようになりました。

だから、人間は生きていくために勉強をしなければいけません。それが使命なのです。
これを子どもたちに教えなければなりません。

人は生きていく限り、大人子どもも関係なく常に勉強し、自分を高めていかなければならないのです。

「なんで勉強しなきゃいけないの?」と子どもに聞かれたら、「人間に生まれたからだよ」と教えてあげて下さい。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ