トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 「ウチの子は応用ができないから何とかしてほしい」と言われても、本人の成績を聞くとテストで50点だったり、模試で偏差値50にも届いていないわけで…。

「ウチの子は応用ができないから何とかしてほしい」と言われても、本人の成績を聞くとテストで50点だったり、模試で偏差値50にも届いていないわけで…。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

将棋棋士の羽生 善治さんが口にした一言が、私たち教育の世界に身を置く者として、心に突き刺さるものがあります。

言われたこともできてない人が、自分流に工夫をするのは、三流の「話を聞かない」として見られる。
工夫の前に言われたことを素直に実行する。

基本を軽く見る人間に、応用なし個性なしと、私は改めて感じます。

今日は、その一言をご紹介します。
————————————————————–
三流は、人の話を聞かない。

二流は、人の話を聞く。

一流は、人の話を聞いて実行する。

超一流は、人の話を聞いて工夫する。

羽生 善治
————————————————————–
勉強の仕方もそう、成績が伸びてこないお子さんほど、自己流にこだわっている子が多いです。
土台となる「ド基礎」が抜けてるのに、応用もクソもないわけです。

よく入塾面談でもお母さんから「ウチの子は応用ができないから何とかしてほしい」と言われますが、お子さんの成績を聞くと定期テストで50点だったり、模試で偏差値が50にも届いていないわけで、それで応用応用は、聞いていてちょっとツラいものがあります(笑)

そもそも、公立高校の入試ならド基礎固めてるわけで、県内トップの千葉高だろうと船橋高だろうと、入試問題できっちり点が取れるわけです。だって、教科書の範囲外は出ないんですから(私立難関校は違いますよ!範囲外がウジャウジャ出ます)。

ド基礎しっかり固めるだけで偏差値60など届いてしまうわけで、それが届いていないのに自分の学習状況を振り返らず「応用ができない」と嘆くのは、残念ながら失笑モノです。応用ができない…で悩むなら、定期テストで5科450点以下を取ったことない子とか、偏差値70以上で行き詰ってなかなかこれ以上は上げられないという子のみ限定の話です。

中途半端な自意識過剰のプライドなど、いりません。
伸びている子ほど、素直に他者の意見を取り入れ、実践しています。

あなたのお子さんは、いかがでしょうか?

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ