トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 「わが子を理系に育てたい!」男子も女子も関係なく伸ばせる、そのコツは?

「わが子を理系に育てたい!」男子も女子も関係なく伸ばせる、そのコツは?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

昨日は、先日ブログでも書かせてもらった偏差値15も上の大学に下剋上合格しちゃった女子高生(通称:JK…笑)を、スタッフみんなでお祝いのパーティーをしてあげてました。

 

 

さてさて、ということで、さっそく仕事の話に戻ります。

とある小学生の親御さんから相談をされました。

 

 

「ウチの子に理系の能力を伸ばしてほしいと思っています。でも、私たち両親が 文系なんですが、伸ばせるものでしょうか?」

 

 

こんな質問を受けたわけですが、答えを先に言うなら「理系の能力は、簡単に伸ばせます!」ということでしょうか。これは図鑑が解決してくれるんですよ。

 

 

図鑑は基本的に、自然科学がテーマです。

各社のラインナップを見てみれば、一目瞭然!

 

 

「動物」「鳥」「魚」「昆虫」「両生類・は虫類」「恐竜」「花」「植物」「野菜・果物」「地球」「岩石」「宇宙」「人体」「昔の生物」「化石」「元素」…などなど、揃えていくと無数にあり、自然科学への興味が湧いてくるでしょう。

 

 

算数パズルを解かせたりするより、ずっと自然な形で理系の世界に入ることができます。

 

 

また、「図鑑=男児向け」と考える方もいるかもしれません。

確かに私たち親世代は、理系に進むのは圧倒的に男子でした。

 

 

しかし、女の子の中にも理系の能力に優れた子、理系が大好きな子はたくさんいます。

それに、将来理系の道に進まなくても、音楽や運動、健康管理、料理や掃除など、日常生活で理系の能力が必要とされる場面はたくさんあるわけです。

 

 

そう考えると、女の子だから理系の力は伸ばさなくていい…ということにはなりません

さらに言うなら、そもそも好奇心には、理系も文系も分けて考える必要などないんです。

 

 

親が勝手に「ウチは娘だから、図鑑はいらないのでは?」とか「女の子なのに、虫が大好きなんて…」などと考えては、お子さんの将来を狭めることになりかねません。

 

 

それよりも、どんな世の中でも自分の力で生きていけるように、子どもの頃から準備させてあげるのが、親としての務めではないでしょうか。

 

 

子どもが自分で将来を切り拓いていけるようになるためには、図鑑はかなり有効なツールです。男の子女の子問わず、同じだと思います。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ